イタリアの面白いもの

おはようございます。中小企業診断士の山口達也です。
イタリアレポートも最終回にします。
イタリアで興味を惹いたものをご紹介します。

ヴェネツィアの水路にあった、
おそらく「ゴンドラ通行可」の標識です。

ゴンドラ通行可.jpg

ローマのコロッセオの中にあった看板です。

コロッセオ.jpg

コロッセオの外や中には、
日本語案内がほぼありませんでしたが、
階段の注意書きだけはなぜか日本語がありました。

イタリア語、英語、フランス語、スペイン語の下に日本語が。
日本人はよくつまづくのでしょうか。

ミラノトリエンナーレのトイレにあった
トイレットペーパーです。

トイレットペーパーイタリア.jpg

ロールが長くて厚みがありました。

ミラノではバイクシェアのステーションを
あちこちで見かけました。
おそらくレンタサイクルだと思います。

ミラノレンタサイクル01.jpg
ミラノレンタサイクル02.jpg

annualですから1年で36ユーロだったら安く良いですね。

ミラノはおしゃれな街ですが、
路面電車は古びた感じの車両が多く走っていました。

ミラノ路面電車1.jpg

イタリアでは街中で水を持っている人がたくさんいました。
私が夏に訪問したためですが、
乾燥しているイタリアでは
片手にペットボトルを持っている人をよく見ました。

ペットボトルイタリア03.jpg
ペットボトルイタリア02.jpg
ペットボトルイタリア01.jpg

日本より鞄や荷物を持っている人は少ないです。

最後にイタリアにいた「ちょい悪オヤジ」を。

ヴェネツィアのゴンドラセレナーデで、
カンツォーネを歌ってくれた左の歌手です。

ゴンドラセレナーデ2.jpg

サングラス、白シャツ、ボタンは2つ開ける、
アクセサリーはネックレスに、大きな指輪がたくさん、
ポケットに手を突っ込んだまま歌うなど、LEONの世界でした。

イタリアにはこんな感じの人が本当にちょくちょくいました。
ちなみに右下のアコーディオン奏者の方は、
やさしそうな笑顔が絶えない方でした。

「時」に生きるイタリア・デザイン

こんばんは。中小企業診断士の山口達也です。
今日は書籍のご紹介です。

時に生きるイタリアデザイン.jpg

「時」に生きるイタリア・デザイン
佐藤 和子 三田出版会

1995年の出版で中古でしか手に入らないと思いますが、
イタリアのデザイン史として一級の資料となる一冊です。

著者は、ミラノでインダストリアルデザイナーや
デザインジャーナリストとして活動されました。

序文では
「人生の楽しさを創造すること、それがイタリアのデザインだ。」
「イタリアのインダストリアル・デザインは、常に工業と職人工芸が共存して発展してきた。」
と述べています。

本文を読み進めるとイタリアのデザインのルーツ、
イタリア人のデザインへの考え方などがわかります。

例えば以下のことが詳細に記されています。

・建築とインテリアを一体としてデザインしてきた
・1930年代から1990年代のイタリアのデザインの歴史と変遷
・ミラノ・トリエンナーレの始まり
・ミラノ・トリエンナーレの中断
・1961年のイタリア家具サロン(ミラノサローネ)の始まり
・建築・デザイン誌ドムス(DOMUS)について
・優れたデザインを表彰する「コンパッソ・ドーロ賞」が
百貨店リナシェンテを中心に作られたことなど

366ページもあり、他にも多くのことが書かれています。

デザインへの哲学、デザインのコンセプトを
大切にする方は、読んでみてはいかがでしょうか。
発見があると思います。

エットレ・ソットサスへのインタビューもあります。
かなり読み応えのある書籍です。

イタリアの食のレベルは期待通り!

おはようございます。中小企業診断士の山口達也です。
イタリアの食事で気づいたことをご紹介します。
まずはパスタとピザからお話しします。

スパゲッティ1.jpg

日本では細長い麺のパスタはスパゲッティと呼びますが、
イタリアではパスタ麺の太さによって、
スパゲッティやカッペリーニなど呼び名が変わります。
たくさんの種類がありました。いろいろ選べます。

カルボナーラ.jpg

カルボナーラの有名な店で食べました。
盛り付けは大雑把で右端に麺が飛び出た状態で出てきました。

味は濃厚ですが、日本より甘さや牛乳らしさは抑えめで、
コショウがきいた大人の味です。

いくつかスパゲッティを食べましたが、
これが本場のアルデンテなのか、しっかり芯が残っています。
日本よりも麺が硬く感じる店ばかりでした。

ピザはいたるところで売っています。

焼いたピザをホットショーケースに入れて保温販売している
ファストフード店などでは、
4ユーロくらいからあって安かったですが、味はいまひとつでした。

しかし、良い店に行って焼きたてを食べるとやはり美味しいです。

フィレンツェの夕食では中央市場はお勧めです。

フィレンツェ中央市場00.jpg

2階にフードコードがあります。

フィレンツェ中央市場01.jpg

ここで、焼きたてのマルゲリータ(12.5ユーロ)を
食べましたが美味しかったです。

フィレンツェ中央市場03.jpg
フィレンツェ中央市場04.jpg

シーフードや肉を焼く店などもあります。

フィレンツェ中央市場02.jpg

カプチーノやラテもイタリアが本場です。
安くて美味しいです。

スターバックスはイタリアのカフェに影響を受けて店を始めました。
世界中にあるスターバックスも
イタリアでは苦戦を見込んでいるのか見かけませんでした。

高速鉄道の中にもカフェがあり、
空港の搭乗口の近くにもカフェがあり、
ホテルでもエスプレッソ自動販売機があります。

buddy.jpg

上の写真はローマのカフェで3ユーロ。
下の写真は鉄道ユーロスター内のカフェで2ユーロ。

ユーロスターカフェ1.jpg

空港の立ち飲みカフェも2ユーロくらいだったと思います。

milanoCappuccino01.jpg

安いのにどこもとても美味しいです。
レベルが高く、はずれはありませんでした。

ジェラートもイタリアの名物です。

gelato01.jpg

日本のアイスと違って牛乳の成分が少なく、
果物などの味がしっかりしてさわやかです。

gelato02.jpg

暑い時期に行ったので、すぐに溶け始めている写真ばかりです。
ピスタチオやレモンのジェラートがとても美味しく、
日本ではなかなか食べられない味でした。

gelato03.jpg

カップに2玉だと、3~3.5ユーロの店が多かったですが、
スペイン広場近くの有名店で
コーンにのせてもらったら9ユーロでした。

イタリア人はカットフルーツやジェラートが好きみたいです。

最後に、ヴェネツィアにはスペインのバルのような
bacaro(バーカロ)という立ち飲み居酒屋があります。

bacaro01.jpg

ワインとチケッティ(つまみ)を楽しみます。
チケッティは、パンの上にちょっとした料理を乗せた
タルティーナという料理だと1.5ユーロくらいでとても安いです。

bacaro02.jpg

上の写真のタルティーナ2つとワイン1杯で10ユーロもしません。
店をはしごして楽しめます。
日本の立ち飲み屋と似ていて、あまり長居はしません。
大衆的でいいですね。

イタリアグルメのレベルは高いです。
ちょっとした店でもかなり美味しいです。

イタリアの製品デザインと書体デザイン

おはようございます。中小企業診断士の山口達也です。
イタリアのデザインで印象的に感じたことを記します。

まずはヴェネツィアングラスです。
ヴェネツィアのムラーノ島で作られるガラス工芸が有名です。

ヴェネツィアングラス7.jpg

リアルト橋周辺の店でもコップから、
オブジェまでさまざまなものを販売していました。
色のつけ方が素敵でした。

ヴェネツィアングラス6.jpg

コップで安いものは10ユーロくらいからありますが、
写真で目立っているオブジェなどは1500~3000ユーロと高いです。
ピアスやペンダントは小さいので安いです。

製品デザインは、優美で柔らかな曲線が印象的でした。
美しさや楽しさ、欲や遊び心を刺激するデザインです。

ミラノのスフォルツェスコ城博物館の装飾芸術美術館にあった
テーブルウェアの金属工芸品です。

MuseumofDecorativeArtsmilan.jpg

スフォルツェスコ城博物館の家具と木工彫刻美術館にあった
カルロ・モリーノ(Carlo Mollino)の机「Cavour」は流れがあって優美です。
それでいてきちんと使えそうです。

Carlo Mollinocavour07.jpg

足は細く、壊れやすそうですし、
ガラスの角にぶつけたら危なそう、
と思うのですが、それでも魅力を感じます。

文字や書体のデザインは、
繊細でキレがあったり、メリハリがある印象を受けました。

romalogo1.jpg

バスに記されているローマ市のロゴは、
線は細くてもOの線のふくらみが左下と右上にあって、
こちらも流れを感じさせます。

milanologo1.jpg

ミラノ市のロゴは手書き風の歴史を感じさせるものでした。

パソコンでは斜体にすることをItalic(イタリック)体と言いますが、
本場のItalicを探すと、
サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会の
「最後の晩餐」の案内文がそうではないかなと思いました。

italic01.jpg

斜めに傾いているのですが、筆記体のような流れがあります。
店名などの固有名詞以外に文章になっている書体は
本場イタリアでもあまりなかったです。

ミラノのリストランテSAVINI(サヴィーニ)のロゴは
文字間の詰め方が格好良かったです。

savini01.jpg

パラペットではAとVが重なりそうなくらい文字間を詰めていますが、
ジェラートのカップでは文字間をかなり空けています。
まったく違うのに、バランスがよく格好良く見えます。

savini02.jpg
このあたりがイタリア、ミラノのデザインセンスの高さなんでしょう。

下の写真は、イタリアの新聞「La Repubblica」(ラ・レップブリカ)です。

repu01.jpg

見出しは、OやQのふところは大きく取りながらも文字間は目いっぱい詰めています。
イタリアでは文字をきっちり詰めているタイポグラフィーが多く見られました。

イタリアのショップデザイン

おはようございます。中小企業診断士の山口達也です。
今日はイタリアの店舗やディスプレイのデザインを見ていきます。

ローマの市場として、カンポ・デ・フィオーリ広場があります。
朝から昼まで賑わっています。

カンポ・デ・フィオーリ広場0.jpg

フィオーリは「花」を意味するそうです。生花店もありました。

カンポ・デ・フィオーリ広場2.jpg

八百屋やパスタ店、チーズ店もありました。
チーズは25~40ユーロ/kgのものが多かったです。

カンポ・デ・フィオーリ広場3.jpg
カンポ・デ・フィオーリ広場5.jpg
カンポ・デ・フィオーリ広場4.jpg

市場はにぎやかで楽しいですね。
陳列も整っているというより、ドンと積み上げた勢いを感じます。

下の写真はミラノの街中にあった食品小売店です。
こちらでも肉やチーズは量り売りしているようです。

イタリア食品小売店.jpg

レストランを見ると、道路に席を設けている店も多いです。
ローマのピッツェリアです。

ローマピッツェリア1.jpg

リストランテは高級なレストランというイメージだったのですが、
外にはみ出て気軽な様子のレストランも見られました。

ローマリストランテ1.jpg
ローマリストランテ2.jpg

下の写真はフィレンツェですが、やはり同じように
道路に席を設けているリストランテをいくつか見ました。

フィレンツェリストランテ2.jpg

高級ブランド店のショーウィンドウも見ましょう。

フィレンツェのサルヴァトーレ・フェラガモです。
フィレンツェはサルヴァトーレ・フェラガモの本社があるようです。

サルヴァトーレフェラガモ1.jpg

ファッションの街、ミラノのショーウィンドウも見ましょう。
ミラノのフェンディと左はサルヴァトーレ・フェラガモです。
色の組み合わせが華やかで、おしゃれなデザインですね。

フェンディ1.jpg

ミラノのグッチです。

グッチ_ミラノ01.jpg

ブルガリでは女性が自撮りしていました。

ブルガリ_ミラノ1.jpg

世界中から買い物客が集まってきているようです。
買った記念に嬉しくて自撮りしたのかもしれません。

最後にミラノの紳士服店のディスプレイです。

靴下はかない.jpg

スーツが格好よいですが、どのマネキンも靴下を履いていませんでした。
石田純一さんのスタイルはよいのでしょうね。

私は素足に靴は汗が気持ち悪いので、
おしゃれじゃなくても靴下を履きたいです。

カピトリーニ美術館でローマの歴史を感じる

こんばんは。中小企業診断士の山口達也です。
カピトリーニ美術館を紹介します。

カピトリーニ01.jpg

カピトリーニ美術館は、
1471年にシスト4世がブロンズ像を
ローマ市民に寄贈して誕生した美術館で、
一般市民に公開された美術館としては世界最古と言われています。

カピトリーニ美術館は、
複数の美術館と博物館がまとまった複合型の美術館です。

カピトリーニ02.jpg

紀元前の彫刻から、18世紀ぐらいまでの絵画の美術作品、
昔の建物の遺跡や記録などの展示品があります。

カピトリーニ05.jpg
カピトリーニ08.jpg
カピトリーニ03.jpg
カピトリーニ06.jpg

フォロ・ロマーノがきれいに見える眺めの良い場所もあります。

カピトリーニ04.jpg

有名な作品を紹介すると、
「マルクス・アウレリウス帝の騎馬像」
美術館の前にあったものはレプリカで、本物はこちらです。
カピトリーニ09.jpg

ローマ建国の話にかかわる「カピトリーノの雌狼」
カピトリーニ10.jpg

カラヴァッジョ「女占い師」
カピトリーニ07.jpg

ベルニーニ「メドウーサ」
カピトリーニ11.jpg


15ユーロと入場料は安くありませんが、
複合美術館で広くて見応えがあります。
ローマの歴史と美術が感じられます。

ローマ現代美術館(MACRO)

おはようございます。中小企業診断士の山口達也です。
ローマ現代美術館(MACRO、Museo d’Arte Contemporanea Roma、マクロ)をご紹介します。

macro01.jpg

こちらはローマ市立の美術館で、歴史もあるようです。

macro02.jpg

中に入ると、巨大な赤い立体物や吹き抜けがあります。
右手にまっすぐ先に進むと、チケット売場と書店があります。

macro03.jpg
macro04.jpg

私の訪問時には「CROSS THE STREETS」
という企画展が開催されていました。10ユーロ。

macro06.jpg
macro08.jpg
macro09.jpg

あまり来場者はいませんでした。

macro07.jpg

屋外スペースにも展示はなく、
訪問タイミングが良くなかったみたいです。

macro11.jpg

下の写真はエレベーター内の案内板です。

macro05.jpg

2階にも展示室があり、カフェもあります。
中庭から差し込む光が落ち着きます。

macro10.jpg

写真には写っていませんが、カフェの内装は現代アートでしたね。

3階はテラスとレストランです。
私は夕方に訪問したため、レストランは閉まっていました。

macro12.jpg

地下鉄駅からは歩きます。
バスに乗っていくとよいですが、
いまチケットを買おうとするとwebサイトでは
18ユーロするみたいですので、
現代美術のファンでもなければ、お勧めはしにくいですね。

ホームページで企画展の情報を確認してから行くとよいでしょう。

MAXXI(イタリア国立21世紀美術館)

おはようございます。中小企業診断士の山口達也です。
イタリア国立21世紀美術館(MAXXI、マクシィ)をご紹介します。
MAXXIの日本語ページ
http://www.maxxi.art/en/other-languages/?language=jp

maxxi01.jpg

現代美術と建築の美術館です。
デザインや演劇などの企画展も開かれれているようです。

行き方は、ローマの地下鉄Flaminio駅から
トラム2番線Mancini行きに乗り、
4駅先のApollodoro駅から4分くらいの場所にあります。

maxxi02.jpg

ザハ・ハディド設計の動きのある建築です。

maxxi03.jpg
maxxi04.jpg

いくつもの展示スペースがあります。
国立ということもあり、思っていたよりも広かったです。
展示替え中の部屋もありました。

maxxi05.jpg

4階(Level3、gallery5)ではザハ・ハディドの展覧会が開催されていました。
亡くなったザハ・ハディドの回顧展でしょうか。

maxxi06.jpg

建築だけでなく、椅子などのデザインもありました。

maxxi07.jpg
maxxi08.jpg

他のギャラリーでは現代美術の展示でした。

maxxi09.jpg
maxxi10.jpg

下の写真は、受付と壁の奥にカフェを写しています。

maxxi11.jpg

書店やレストランもあります。

入場料12ユーロ。月曜日休館です。

ローマには1000年以上の前の美術や、
ルネサンス期の美術を鑑賞できますが、
現代美術もご覧になりたい方はどうぞ!

システィーナ礼拝堂に心を打たれる

おはようございます。中小企業診断士の山口達也です。
バチカン美術館とシスティーナ礼拝堂の紹介です。
とても素晴らしかったので、ぜひ立ち寄っていかれることをお勧めします。

最後の審判03.jpg

サン・ピエトロ大聖堂の隣にはあるものの、
バチカン美術館の入口は、サン・ピエトロ大聖堂をいったん出て、
城壁づたいに北へぐるっとまわったところにあります。

下の写真で、右に立派に大きく見える門は出口で、
左に小さく見える通用口が入口です。

バチカン美術館01.jpg

バチカン美術館(博物館)は10を超えるミュージアムの集まりを指しています。
展示品はたいへん多く、1日ですべてを見ることは困難です。
世界中から観光客も押し寄せていて混雑しています。

私はガイド付きツアーに参加しました。
写真は地図の間です。

バチカン美術館02.jpg

両脇のタペストリーの地図だけでなく、天井の装飾も豪華です。

ラファエロの間は、いくつかの部屋からなっていて、
そのうちの署名の間に、
ラファエロの「アテネの学堂」があります。

バチカン美術館03.jpg

中央いる二人は左がプラトン、右がアリストテレスだそうです。
ルネサンスを象徴する名画です。

ラファエロは自らを右端に小さく描いています。
黄色の服の人と、白い帽子をかぶった人との間に
顔を見せている美青年がラファエロです。

バチカン美術館04.jpg

バチカン美術館の一番の目玉はシスティーナ礼拝堂でしょう。

システィーナ礼拝堂では写真撮影ができません。
礼拝堂の祭壇の壁画はミケランジェロの「最後の審判」です。
冒頭の写真は、バチカン美術館で買った絵はがきです。
ごめんなさい。お許しを。
下の写真は礼拝堂近くの中庭にあった案内板の写真です。

最後の審判01.jpg

「最後の審判」は1536年から41年にかけて書いた大作です。
縦14メートル、横13メートルで世界最大の壁画だそうです。
フレスコ画です。

中央にキリストがいて、横にマリアがいます。
キリストが裁き、絵画の左側の死者は天国へ、
右側は地獄へ落ちていきます。

天井の中心部には、天地創造から始まる創世記が描かれています。
こちらもミケランジェロの作品です。
最後の審判よりも先、1508年から12年にかけて描かれました。
絵は下の画像よりリンク先が綺麗です。
http://www.museivaticani.va/content/museivaticani/en/collezioni/musei/cappella-sistina/volta.html

ceiling1.jpg

写真の画像の
下側が祭壇(「最後の審判」がある)側、上側が入口側です。
(リンク先では右が祭壇側です)

真ん中の9区画の絵は、
一番下の「光と闇の分離」から始まり、上へ進んでいきます。
4つ目には「アダムの創造」、
9つ目(一番上)には「ノアの泥酔」が描かれています。

最後の審判や天井画、その他の絵画もずっと見ていました。
厳粛な空間で20分くらいでしょうか。
礼拝堂ですから静かです。
時空を超え、死生観を含む、壮大な世界が描かれています。

さまざまな芸術作品を見ましたが、
システィーナ礼拝堂は、今までで最も心を打たれたかもしれません。
構図や色づかい、鋭さ、圧倒されました。

絵画館(ピナコテーカ)にも、すてきな作品がたくさんありました。

バチカン美術館05.jpg

バチカンの他の美術館、博物館にもたくさんの見どころがあります。
500年位前の世界や文化を感じられます。

荘厳なサン・ピエトロ大聖堂は芸術の塊でもあった

こんばんは。中小企業診断士の山口達也です。
イタリアのデザイン、アートのレポートを再開します。

今日はローマの中にある
バチカン市国のサン・ピエトロ大聖堂についてです。
カトリックの総本山です。

サン・ピエトロ大聖堂02.jpg

写真の右に見える
太い柱のような棒はオベリスクです。

オベリスク全体を写真に入れたのが下の写真です。
オベリスクは写真左に映っています。

サン・ピエトロ大聖堂01.jpg

セキュリティチェックを受けて建物に入ると、
前室があり、その先に大きな空間が広がっています。
華やかな装飾です。

サン・ピエトロ大聖堂04.jpg

正面には、クーポラから差し込む光と
ベルニーニのブロンズの大きな天蓋が見えます。

少し進むと右にミケランジェロのピエタがあります。

サン・ピエトロ大聖堂03.jpg

劇的で迫力があって、悲しみが伝わってきます。
ガラス越しですが、多くの人が鑑賞しています。

サン・ピエトロ大聖堂05.jpg

天蓋が覆っている祭壇に近づくと、
右側に聖ピエトロのブロンズ像があります。

聖ピエトロ像.jpg

私が訪問した6月29日は聖ピエトロの祝日(記念日)です。
普段とは異なり、冠や法衣を着ていたようです。

この話、下のwebサイトが情報源です。
サン・ピエトロ大聖堂2
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Ocean/7106/s_pietro2.html

ロープが張られていて、像の足を触るどころか、
近づくこともできませんでした。

クーポラもミケランジェロの設計と言われています。

サン・ピエトロ大聖堂06.jpg

周りにも大きな絵画や装飾品がたくさんありました。
建築、彫刻、絵画、あらゆる芸術が集まっています。
ひとつひとつが素晴らしかったです。

サン・ピエトロ大聖堂07.jpg

これらの芸術は、作者のキリスト教への信仰の深さであり、
キリスト教の布教のためでもあり、権威を示すものでもあります。

私は電車の時間があって、短時間しか見られませんでした。
(当初、行く予定だった日に枢機卿会議が開催されることになり、
大聖堂に入れなかったため、その翌日に無理やり訪問しました。)

じっくり見て回りたかったです。

最後に衛兵の写真。個性的な服装です。

サン・ピエトロ大聖堂08.jpg

パンのペリカン人気に驚いた!ペリカンカフェで炭火焼トーストを食べる

おはようございます。中小企業診断士の山口達也です。
ゴールデンウイークはいかがお過ごしですか。
先日、浅草の近く、田原町の人気パン店「ペリカン」に行きました。

田原町ペリカン01.jpg
田原町ペリカン02.jpg

映画にもなったパン店で昨年秋に当ブログでもご紹介しました。
(参考)2017年10月20日:映画「74歳のペリカンはパンを売る。」
http://brand-design.seesaa.net/article/454307215.html

開店は朝8時です。
平日の9時に訪問したのですが、もう品切れでした。

田原町ペリカン03.jpg

予約する人が多いようです。
焼きあがったパンがあるかなと、
12時前にもう一度行きましたがダメでした。

パンは買えませんでしたが、
同じ通りの並びを3分くらい歩くと
ペリカンカフェがあります。

ペリカンカフェで朝食を食べました。

ペリカンカフェ04.jpg

写真は私が食べて店を出た後、9時40分くらいです。
朝から並んでいます。

私は9時過ぎに行きましたが並ばずに入れました。

ペリカンカフェ07.jpg

炭火焼トースト320円、ドリンク付き540円です。
真ん中はジャムです。

トーストは大きくありませんが、
焼きたてでバターがのったトーストは美味しかったです。

中身が詰まっていて、もっちり、淡い甘みがあります。
毎日食べても飽きない味で、
米が好きな日本人好みの食パンです。

昼食の時間帯も並んでいました。
女性からの人気は高いです。ロゴもかわいらしいです。

ペリカンカフェ05.jpg
ペリカンカフェ06.jpg

次は店で食パンとロールパンを買って家で食べたいです。

目次(0641~0660)

おはようございます。中小企業診断士の山口達也です。
今日は目次をお届けします。
気になる記事があったらクリックしてください。

2017年12月14日~2018年4月27日分

記事ナンバーとタイトル

660 目次(0641~0660)

649~653、659はSNSを効果的に活用する技の紹介です。

659 SNSへの投稿時間タイミングをデータ分析する

658 中小企業デザイン開発思考
657 知財教材「デザイナーが身につけておくべき知財の基本」
656 講演「ものづくり補助金・ 小規模事業者持続化補助金セミナー」
655 レアンドロ・エルリッヒ展 見ることのリアル
654 AIが起業相談に答えてくれる「起業ライダーマモル」

653 ハッシュタグをお勧めしてくれる「ハシュレコ」
652 LINE友だち追加ボタンをホームページに設置しよう
651 InstagramをInstaWidgetでホームページに貼り付ける
650 Facebookページをホームページに埋め込んでいいね!を促す
649 Twitterをホームページに埋め込んで動きを出そう

648 講演「無料でできるSNS集客入門 -お客様を集めるコツ、伝授します!-」

645~647はイタリアのフィレンツェとヴェネツィアのレポートです。

647 ヴェネツィアのドゥカーレ宮殿とアカデミア美術館
646 ウフィツィ美術館でメディチ家のコレクションを堪能する
645 フィレンツェのアカデミア美術館

644 Tokyo Midtown Award 2017
643 謹賀新年2018 138万ページビュー突破!
642 2017年をブランドで振り返る
641 2017年をデザインで振り返る

640 目次(0621~0640)
posted by ブランド経営コンサルタント at 07:00Comment(0)目次

SNSへの投稿時間タイミングをデータ分析する

おはようございます。中小企業診断士の山口達也です。
皆様はSNSへの投稿タイミングを考えていらっしゃいますか?

多くのフォロワーや友達に見てもらうために
投稿時間は時間は重要です。

Twitter、Facebookでは、
投稿内容の人気も考慮して
ユーザーのタイムライン上の掲載順が決まりますが、
基本的には新しい投稿が上に掲載される仕組みです。

ターゲットとなる客層が
SNSを利用する時間に合わせて投稿しましょう。

参考となるデータをお伝えします。

下の図は総務省「平成28年情報通信メディアの
利用時間と情報行動に関する調査」報告書のP.34
からの引用です。
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01iicp01_02000064.html

平成28年「インターネット利用」の時間帯別行為者率
(全年代・年代別)

netsnsweekda.png

上の図は平日のデータです。
平日では21~22時台と12時台の利用率が高いです。

年代別で特徴を見ると、
10代は7時台は高いものの午前中は低く、
夕方から21時台まで利用率が上がります。

60代は9時台が最も高く、12時台まで
午前から昼の利用が多くなっています。
この調査は全国で行っています。

顧客層が都心部なら、上のデータ以上に
通勤・通学時間帯も狙い目です。

平成22年の国勢調査では
15歳以上の通勤・通学の利用交通手段は以下の通りです。

自家用車44.3%
オートバイ・自転車14.6%
鉄道・電車16.1%
バス3.1%
2種類以上11.4%

東京だけでは、全国と異なり
自家用車9.4%、鉄道・電車44.5%
となりますので、通勤・通学時間帯の
利用率は高いと考えられます。

電車の車内はスマホ操作している人ばかりですよね。

休日は年代によって大きな差はなく
20~22時台と10時台の利用が多いです。

netsnsweeke.png

自分が狙う客層が多くネットを利用する
時間帯の直前に投稿するとよいでしょう。

FacebookページやLINE@では
予約投稿が簡単にできるので、
投稿時間に操作する必要はありません。

LINE@はプッシュ通知ですので、
TwitterやFacebookよりも早めで構いません。

参考にしてみてください。

中小企業デザイン開発思考

おはようございます。中小企業診断士の山口達也です。
 
大阪府産業デザインセンターが発行した
新商品開発マニュアル「中小企業デザイン開発思考」
をご紹介します。 
http://design-manual.oidc.jp/

designdevthin.jpg
 
大きく3つの内容が記されています。
 
商品開発プロセスの解説とワークシート、
外部のデザイナーに発注する時の契約の考え方、
商品開発の成功事例、です。
 
80ページを超え、情報が盛りだくさんなので、
消化して使いこなすのは簡単ではありません。
 
全部を取り入れようとすると負担になる
中小企業が多いと思います。
 
自社に合う部分だけを利用する形でよいでしょう。
 
商品開発プロセスの章では
ワークショップ形式で開発を進めたい
中小企業を前提として書いています。
 
ワークシートがWordやExcel形式でも
公開されているので、
そのまま使うこともできます。
 
このシートは特に便利でうまく使いこなしたいですね。
 
一人や二人で開発する場合も
参考になる考え方がたくさん詰まっています。
 
デザイナーや中小企業診断士にも役立つ内容です。

知財教材「デザイナーが身につけておくべき知財の基本」

こんにちは。中小企業診断士の山口達也です。

特許庁が昨年秋に
「デザイナーが身につけておくべき知財の基本」
という教材を公開しました。
https://www.jpo.go.jp/shiryou/s_sonota/chizai_kyozai-designer-kihon.htm

jpodesigntext01.jpg

この教材は主にデザインを学ぶ大学生向けの
講義で使えるようなパワーポイントスライドです。

著作権が特許庁にあることを示し、非営利であれば、
スライドを改変したり、複製できたりします。

15コマに沿ったスライドで、
以下のようなことが学べます。

・デザインに関わる知的財産権
・デザインとビジネス
・J-Platpatを利用した意匠権の権利調査
・デザインに関する契約に関する知的財産権のポイント

内容は「基本」から始まりますが、
初心者には難しい発展的な内容も含まれています。

知的財産権を初めて学ぶ人は
スライドだけを読んで理解するのは難しいかもしれません。
補足説明が欲しくなるでしょう。

楽しく、わかりやすく理解してもらうには
講義する側の力量が問われます。

デザインと知財の実務に詳しくないと、
面白い講義にするのは難しそうです。

しかし、かなり本格的な教材です。
私は2年前までは日本デザイナー学院の講師をしていました。
この教材があったら私も使いたかったです。

プロのデザイナーや、デザインを発注する中小企業側に
とっても役に立つ内容と思います。
posted by ブランド経営コンサルタント at 12:34Comment(0)知的財産権

講演「ものづくり補助金・ 小規模事業者持続化補助金セミナー」

おはようございます。中小企業診断士の山口達也です。

「ものづくり・商業・サービス経営力向上支援補助金」と
「小規模事業者持続化補助金」「IT導入補助金」に関する講演を行います。
20180418leap95.jpg
タイトル:「ものづくり補助金・IT導入補助金・
小規模事業者持続化補助金 相談会

日時:平成30年4月18日(水)セミナー18:00~19:30、個別相談19:30~20:00
場所:横須賀市産業交流プラザ交流サロン
主催:横須賀三浦の中小企業・地域活性化プロジェクトチーム“LEAP”
参加費:500円
定員:10名(先着順)(個別相談は3名まで)

横須賀市、三浦市の中小企業を対象に、
「ものづくり・商業・サービス経営力向上支援補助金」と
「小規模事業者持続化補助金」について、
補助金の概要と、採択されるための
計画書の書き方をセミナーでお話しします。

現在、政府では
「ものづくり・商業・サービス経営力向上支援補助金」1000万円、
「小規模事業者持続化補助金」100万円の募集を行っています。

設備投資を考えている中小企業や
新しい事業に挑戦しようとしている中小企業にはチャンスです。

セミナー終了後には個別相談も行います。

他の複数の補助金の審査員を務めた経験から、
審査に通りやすい申請書の書き方をお伝えします。

応募予定の補助金の公募要領を印刷してお持ちください。
(セミナー会場での配布はしません)

また、IT導入補助金(最大50万円)の概要もお伝えします。

詳細・お申込みはチラシpdfファイルをご覧ください。

レアンドロ・エルリッヒ展 見ることのリアル

おはようございます。中小企業診断士の山口達也です。

森美術館で開催中の
「レアンドロ・エルリッヒ展 見ることのリアル」のご紹介です。

レアンドエルリッヒ展01.jpg

芸術家レアンドロ・エルリッヒさんの個展です。
金沢21世紀美術館の「スイミング・プール」の作家です。

レアンドエルリッヒ展02.jpg

上の写真、建物の壁から落ちそうで欄干につかまる人たちは
危なさそうですが、決して危なくありません。

「建物」というこの作品、
実は地面に作られた建物の壁面に寝転がり、
約45度の傾きの鏡に映っている自らの写真を
撮って楽しんでいるのです。

レアンドエルリッヒ展03.jpg

建物のファサードは地面に対して垂直に建っているはずだ
という私たちの既成概念を利用した作品です。

この展覧会は、このような来場者参加型の作品が多くなっています。

写真撮影も可能で、
インスタグラムなどのSNS歓迎という展覧会です。

とはいえ、すべてを紹介すると行く楽しみが
損なわれるので、一部だけをご紹介します。

「美容室」は、鏡に思える枠の中は何もなく、
隣の部屋にいる人と対面します。

レアンドエルリッヒ展04.jpg

一方でそれぞれの人の後ろには鏡があり、
奥行きが無限につながっていきます。

本物と像が入り乱れて、不思議な錯覚を感じられます。

「教室」は、廃校となった教室で
自分が椅子に座って、
横の教室を見ると、亡霊のように
自らが薄っすら映った姿が見えます。

レアンドエルリッヒ展05.jpg

実像と虚像を混ぜ、
自らの過去や未来を考えさせる展示です。

気軽な体験型の現代アートで、
若い来場者が多く、子供連れも少なくありません。

私が何気なく普段見ているものは、
本物ではなく、何かの像や錯覚かもしれない
と思わせる展覧会です。

頭の刺激になります。4月1日まで。
posted by ブランド経営コンサルタント at 07:26Comment(0)芸術・美術

AIが起業相談に答えてくれる「起業ライダーマモル」

おはようございます。中小企業診断士の山口達也です。

中小企業基盤整備機構が、3月14日から
AIによる相談チャットボット
起業ライダーマモル」を始めています。
https://startup.smrj.go.jp/

startupmamoru01.jpg

無料でAIが起業相談に答えてくれます。

LINEで友だちになって、トークで相談できるほか、
web版もあります。

メニューを選んで相談できますし、
メニューにない項目も
自由に文章を入力して質問できます。

試しに「お金を借りたい」と入力したら、
「借入の手続きは」の質問でいいか?と尋ねられました。

startupmamoru02.jpg

「はい」を選ぶと
金融機関から資金を借りるまでの流れを教えてくれ、

「他の候補をみる」を選ぶと
「金融機関等向けの計画書の書き方は」などの
質問が出てきます。
金融機関に出す事業計画書の書き方への
リンクなども教えてくれました。

入力すると瞬時に回答が返ってくるので
気持ちいいですね。

起業を考えている人は
気軽に使ってはいかがでしょうか。
言葉遣いは若者向けで友達のような感じで話します。

現在は実証実験段階ですが、
AIが賢くなったら、プロの中小企業診断士に
相談対応力が追いつくようになるかもしれません。

ハッシュタグをお勧めしてくれる「ハシュレコ」

おはようございます。中小企業診断士の山口達也です。
今朝の横浜は、まるで台風のような春の嵐です。

Instagramではハッシュタグをたくさんつけて、
多くの人に見てもらおうと努力している
中小企業は多いと思います。

ハッシュタグは、数個だけなら簡単に
思い浮かぶのですが、
それを超えると思い浮かべるのに
時間がかかることもあります。

そんな時に役立つサイトとして
ハシュレコ」をご紹介します。
https://hashreco.ai-sta.com/

ハシュレコ.jpg

人気の投稿者が使っている
ハッシュタグを教えてくれるサイトです。

サイトにアクセスして
例えば「梅」と入力すると、

#季節 #日本の風景 #花 #ザ花部 #flower #立春

といったハッシュタグの候補を教えてくれます。

自分の投稿に関係ありそうなものを
そのまま選んでコピーして
貼り付けることもできますし、
切り口をヒントにして、
自分で考えてもよいでしょう。

悩んだ時には便利です。
他人の発想は役に立ちます。

無料ですのでお試しを。

LINE友だち追加ボタンをホームページに設置しよう

おはようございます。中小企業診断士の山口達也です。

今日はLINE@の友だち追加ボタンを
ホームページに埋め込む方法をお伝えします。

line.jpg
linenewfriends99.jpg

LINE@でクーポンやセール情報を配信している
中小企業も見かけるようになりました。

友だちの獲得に工夫を凝らしています。

Webサイトにボタンがあると、
QRコードの読み込みや、ID検索と違って、
ボタンを押すだけで友だちになれるので、
スマートフォンでwebサイトを見ている
お客様にはかなり便利です。

この友だち追加機能は、
LINEの個人アカウントではできず、
LINE@アカウント向けのサービスです。

設置は簡単です。
LINEのソーシャルプラグイン、設置方法へアクセスします。
https://media.line.me/ja/how_to_install

ガイドラインを読んでから設置してください。

友だち追加ボタンの欄の
LINEIDを入力して、コードをコピーして
自分のホームページ貼り付ければよいです。

私の場合のサンプルは以下の通りです。
以下のような感じでホームページに
書けるといいですね。

LINE@友だち募集中!
友だち追加方法は3つ!

【友だち追加ボタンから】
スマートフォンの方は
下のボタンをタップすると友だち追加できます。


【QRコードから】
LINEアプリの「友だち追加」から「QRコード」を選び
下のQRコードを読み取ると友だち追加できます。



【ID検索から】
LINEアプリの「友だち追加」から「検索」を選んで、
@jwg3035o」で検索すると友だち追加できます。

QRコードは、LINE@の管理画面(LINE@ MANAGER)に
ログインして、対象のアカウントを選んで、
「アカウント設定」→「基本設定」にある
QRコードを使っています。

画像のサイズが大きかったので、
width="30%" height="30%"
をタグに入れてQRコードのサイズを小さく表示しています。
posted by ブランド経営コンサルタント at 06:24Comment(0)Webデザイン