GOOD DESIGN EXHIBITION 2018(3)

おはようございます。中小企業診断士の山口達也です。
GOOD DESIGN EXHIBITION 2018のレポートの最終回です。

グッドデザイン・ロングライフデザイン賞の展示もありました。
手前は日産キューブの模型です。

GDE201819.jpg

朝の連続テレビ小説「まんぷく」で話題の
日清食品「チキンラーメン」も受賞しました。

GDE201820.jpg

デザイナー安藤百福と記されていました。

インドネシア、インド、タイのデザイン賞の
デザインの展示もありました。

GDE201822.jpg
GDE201821.jpg

日本デザイン振興会は
アジアのデザイン振興機関との連携も深めています。

今年のグッドデザイン賞も1353件の受賞がありますが、
そのうち278件は海外からの応募デザインです。
中国、台湾、韓国の3つの地域で191件を占めます。

グッドデザイン賞もアジアをリードするデザイン賞になれるか、
賞の運営も国際競争になりそうです。

ベスト100に選ばれた自動車の展示は会場外にありました。

軽自動車バンのホンダの「N-VAN」です。

GDE201825.jpg

ひとり乗りの状況ですが、
軽自動車でも荷物がここまで積めます。
業務用で使うにはメリットがあるのでしょう。

モリタの「小型オフロード消防車レッド・レディバグ」です。

GDE201826.jpg

災害時の悪路でも走れ、
後部には救助、消化、救急、映像通信の消防ユニットを積めます。

熊本地震の被災地で消防隊員から聞いた声を活かして
デザインしています。

亀裂の入った路面、土砂が流れ込んだ路面、浸水路面、
積雪路面などでも対応できる消防車はとても良いですね。

グッドデザイン賞金賞を受賞したスズキの「ジムニー」です。

GDE201827.jpg

軽自動車の4WD、こちらも悪路が得意ですが、
見ている女性が「かわいい」と声に出しているのが印象的でした。

「かわいい」は、私には少し意外でしたが、
カラーや正面のライトが、
かわいく見えるのかもしれません。

通常のグッドデザイン賞の展示会場にも人はたくさんいました。

GDE201823.jpg

日用品や時計などのエリアはもちろん、
建築物のためパネルによる展示のコーナーでも
来場者は多かったです。

GDE201824.jpg

GOOD DESIGN EXHIBITION 2018(2)

こんばんは。中小企業診断士の山口達也です。
GOOD DESIGN EXHIBITION 2018のレポートの続きです。

GDE201810.jpg
GDE201811.jpg

グッドデザイン・ベスト100の会場は今年もにぎわっていました。
私が注目したデザインをご紹介します。

GDE201812.jpg

グッドフォーカス賞(技術・伝承デザイン)を受賞した、
株式会社ニットーのウェアラブルチェア「アルケリス」です。
身に着けて歩ける椅子です。

GDE201813.jpg

足に装着して歩けるのですが、
腰を軽く落とすと座れます。

アルケリスは医師が手術の時に
中腰の姿勢で座れるので、体幹が安定し
細かい手先の作業がしやすくなります。

長時間の立ちっぱなしは、
医師の肉体的な負担になりますが、
この負担を軽減できることは魅力ですね。

横浜の中小企業の製品です。応援したいです。

次はパナソニックの離床アシストロボット
リショーネPlus XPN-S10601」です。

GDE201814.jpg

電動ベッドの一部が車いすになります。
ベッドから車椅子への移乗介助が一人で
できるようになり、介助者の負担が減ります。
素晴らしいです!

次は、スターバックスコーヒーの
リージョナルランドマークストア」です。

GDE201815.jpg

地域の象徴となる場所に建築され、
訪れる人々が
その地域の歴史や伝統工芸、文化、
産業の素晴らしさを再発見して、
地域へ絆を感じられるようにデザインしています。

写真は弘前公園前店と鹿児島仙巌園店です。

GDE201816.jpg

弘前は登録有形文化財の建物で和洋折衷の建築デザインです。
刺繍の工芸がクッションに施されていたり、
ブナを使った照明など、弘前の伝統や文化を取り入れています。

鹿児島も同様に地域の歴史、文化、産業の魅力が詰まっています。

現在、リージョナルランドマークストアが18店あるようですが、
旅行とカフェ巡りが好きな人は、
すべて行きたいと思うかもしれません。

それぞれの個性を活かしながら、
スターバックスらしさもどこかにある店舗にするのは
デザイン力が高いと思います。
スターバックスブランドの魅力向上にもなっています。

次は、コクヨのオフィス防災備蓄システム
パーツフィット」です。

GDE201817.jpg

箱の大きさはオフィスに入れやすいものに。
カラーのタグ、イラスト、英語表記など
グラフィックデザインも整理されています。

デザインにまだ改善の余地はあると思いましたが、
こうしたデザインは企業の備蓄を促すと思います。

最後に弁護士ドットコムの電子契約システム
クラウドデザイン」です。

GDE201818.jpg

契約書の作成、押印、保存は、面倒に思っていました。
たくさん契約がある会社では、管理や探す手間もあります。

契約書をネットにアップして、
電子署名によって契約できる仕組みは、
生産性の向上につながりそうです。

月10件の契約書の送信までは無料で、
それを超えると月額1万円以上しますが、
印紙税が不要になりますから、中小企業にも人気が出そうです。

優れたデザインを見ると、未来への希望が持て元気が出ます。

GOOD DESIGN EXHIBITION 2018(1)

おはようございます。中小企業診断士の山口達也です。
GOOD DESIGN EXHIBITION 2018
(グッドデザイン賞受賞展)に行きました。

10月31日から11月4日の間、
東京ミッドタウンにて開催されました。
私が注目したデザインをご紹介します。

今年のグッドデザイン大賞は
「おてらおやつクラブ」です。

NPOおてらおやつクラブの活動です。

GDE201801.jpg

「おてらおやつクラブ」は、
お寺にお供えされる「おそなえ」を、
仏さまからの「おさがり」として頂戴し、
子どもをサポートする支援団体の協力の下、
経済的に困難な状況にあるご家庭へ
「おすそわけ」する活動です。

活動趣旨に賛同する全国のお寺と、
子どもやひとり親家庭などを支援する各地域の団体をつなげ、
お菓子や果物、食品や日用品をお届けしています。

980の寺院がこの活動に参加しています。
お寺の存在価値や仏教の利他精神につながる活動だと思います。
寺院と支援と必要とする人を結びつける活動は素晴らしいです。

越後妻有アートトリエンナーレ
グッドデザイン金賞を受賞しました。

GDE201802.jpg

越後妻有(えちごつまり)で2000年から
開催される3年に1回の芸術祭です。

地域に内在する価値をアートを媒介に掘り起こし、
その魅力を高め、
世界に発信することで、
地域再生の道筋を築くことを目的としています。

3年に1回だけでなく、恒久展示作品や
通年の取り組みも通じて、
地域の魅力を発信しています。

今年のトリエンナーレには58万人の人が来たそうです。
私も昔からずっと行きたいと思っています。
3年後、仕事と調整して行こうと思います。

次は、グッドデザイン・ベスト100に入った
三井化学のTouchFocus(タッチフォーカス)です。

GDE201803.jpg
GDE201804.jpg

遠近両用メガネですが、
メガネのテンプル(つる)のスイッチを押すと、
遠近の切り替えができ、近くが見やすくなります。

既存の遠近両用メガネにある
「階段や運転時の距離感がつかみづらい」不満を解決し、
広い視野で、遠くや近くが見やすくなります。

これは便利そうです。私も近くお世話になるかも。

続いてキヤノンのスピードライト470EX-AIです。
GDE201805.jpg

被写体に影を作らないように柔らかく光を当てる、
バウンスライティングを自動でできる外部ストロボです。

GDE201806.jpg

フルオート機能では、被写体と天井との距離を
それぞれ測って、AIが適切な角度で発行します。

セミオート機能は、自分で設定したバウンス角を
ストロボが記憶して、カメラを縦に傾けても
設定した角度に自動で調整されます。

使い勝手がよく重宝しそうです。

本日最後にご紹介するのは、
Joseph Joseph(ジョセフジョセフ)のクラッシュボックスです。

GDE201807.jpg

ゴミを上から押し潰して3分の1にまで体積を圧縮できるごみ箱です。

GDE201808.jpg
GDE201809.jpg

実際にハンドルを押し込んでみましたが、
単に手で押すよりも衛生的で、力も加えやすそうです。

まだご紹介したいデザインはあります。続きは来週に。

函館西部地区バル街がグッドデザイン特別賞(地域づくり)を受賞

おはようございます。中小企業診断士の山口達也です。
今年のグッドデザイン賞では、
函館西部地区バル街」が
グッドデザイン特別賞(地域づくり)を受賞しました。
http://www.g-mark.org/award/describe/46066

bargai.jpg

今日は「バル街」をご紹介します。

「バル街」は、商業活性化のイベントとして、
中小企業診断士にはお馴染みです。

「バル街」はスペインの酒場「バル(Bar)」に
見立てた店を食べ歩くイベントです。

参加者は、700円×5枚綴りのチケットを購入し、
バルに参加した飲食店を地図を片手に巡ります。

参加店はお得な特別メニューを1チケットで提供します。
例えば、ピザとワイン、パンケーキとドリンクが700円です。

はしごが前提なので、
チケットだけの支払いが気兼ねなくできることや、
日ごろは入りにくい高級店でも気軽に行ける魅力があり
人気のイベントです。

地図を持って、新しい店を訪ね歩く楽しさがあります。

飲食店は、街全体で共同販促を行い、
新規顧客を獲得するチャンスです。

一度、店に入ってもらって、
店の味や雰囲気を気に入ってもらえれば、
リピート客につなげられます。

5枚のチケットが使い切れなかった場合は、
「あとバル」として、一部の店で一定期間使うことができます。

函館では、年に2回開催し
平成16年から14年続いています。

一夜で4000人を超える人が来るそうです。

補助金や助成金を受けずにイベントを継続し、
全国からの同様のイベントを開催したいという声に、
無償でノウハウを教えている活動は素晴らしいと思います。

私も函館にいずれ行きたいです。

GOOD DESIGN EXHIBITION 2017(2)

おはようございます。中小企業診断士の山口達也です。
GOOD DESIGN EXHIBITION 2017のレポート続編です。

modelx01.jpg

注目を集めていたのはテスラ「MODEL X」です。

modelx02.jpg
modelx03.jpg

1回の充電で500km以上走れる電気のSUV(E-SUV)です。
8台のカメラと12個の超音波センサーを搭載しています。

安全性を高め、自動運転に向かっている感じがします。
価格は1台1400万円以上です!

次は「Amazonダッシュボタン」です。

amazondash02.jpg

wifiにつなぎ、商品を登録して、
ボタンを押すと商品が配送される仕組みです。

日用品がなくなりそうになったら、
ボタンひとつで注文完了となる便利さです。

amazondash01.jpg

運送業者がパンクしている今は、
ためらいもありますが、仕組みはよくできています。

次は、全国防草ブロック工業会と石田鉄工と
防草研究会の
「防草ブロックとエレファンドレン」です。

エレファンドレン2.jpg

草刈りの作業を大幅に減らす商品です。

なにもしなければ、コンクリートの目地から
雑草が自然に生えてきます。

この商品は植物の性質を生かして
雑草の成長を止めます。

根が斜めにくぼんだ切り欠け部に
伸びていくと、行き止まりにぶつかります。

エレファンドレン1.jpg

そうすると、根が本来の方向とは
違う方向には伸びないので
成長が止まり、次第に枯れてしまうそうです。

かなり実験を繰り返したと思います。
これは革新的な製品ですね。

続いて、寺田電機製作所のコンセント
「UCWシリーズ」です。
グッドデザイン特別賞(ものづくり)を受賞しました。

ucw.jpg

使用しないときは存在感を小さくできる
壁用コンセントです。

美術館などでは喜ばれそうです。

90度回転するので、上下もしくは左右に
プラグを接続できます。

アースと鍵の有無を選べます。
鍵をかけると電気泥棒を防げます。

「うんこ漢字ドリル」もありました。

うんこ漢字ドリル.jpg

見事な商品だと思います。
やっぱり大人は子供のことをわかっていなかったのです。
グッドデザイン金賞に選ばれています。

「函館西部地区バル街」も受賞しました。
このバル街についてはまた次週。

GOOD DESIGN EXHIBITION 2017(1)

おはようございます。中小企業診断士の山口達也です。
GOOD DESIGN EXHIBITION 2017のレポートです。

good_design2017_01.jpg

今年も多くの来場者がいました。

good_design2017_02.jpg

グッドデザイン・ベスト100から
私の目に留まったデザインをご紹介します。

今年のグッドデザイン大賞は
ヤマハのカジュアル管楽器 「Venova」です。

venova.jpg

サクソフォン(サックス)のような管楽器で、
リコーダーと同じABS樹脂製です。

構造も簡単にして、演奏もしやすく、
気軽にサックスのような音色が出ます。
音色も良かったです。
新しい楽器を生み出したデザインは評価できます。

次にご紹介するのは、
ソニーの4K有機ELテレビ「ブラビア」A1シリーズです。
グッドデザイン金賞を受賞しています。

ブラビア001.jpg

有機ELディスプレイを振動させて音を出します。
薄く、美しいデザインです。

ブラビア002.jpg

ソニーからもうひとつご紹介します。
「Xperia Touch」です。

xperiatouch01.jpg

短焦点小型プロジェクターで投影した映像に
人が触って操作できます。

xperiatouch02.jpg

展示では、ピアノの演奏やお絵かきが
できたのですが、
もっと新しいことができそうです。

次はエデュテの乳幼児向け食器
「ezpz(イージーピージー)」です。

ezpz01.jpg

シリコン製でテーブルに吸いついて動かないので、
子どもがお皿をひっくり返す心配がなく、
食べやすい食器です。

パナソニックの「レッツリモコンAD/ST」です。

panasonicリモコン.jpg

親指やこぶしでも押せるテレビリモコンです。
色も見やすく、さまざまな方にとって
リモコン操作がしやすくなるよう配慮されています。

アシックスの野球用プロテクターです。

捕手プロテクター.jpg

少年野球ですぐに捕手がプロテクターを
着けられるように、かぶるのではなく、
前で合わせるようにデザインされています。

他にも良いデザインがたくさんありました。
続きは次週に。

GOOD DESIGN EXHIBITION 2016(3)

おはようございます。中小企業診断士の山口達也です。
GOOD DESIGN EXHIBITION 2016のレポートの最終回です。

グッドデザイン・ベスト100から
私の目に留まったデザインをご紹介します。

本日のひとつめは、LIXILの「アクアセラミック」です。
グッドデザイン金賞を受賞しました。

GDE201608.jpg

こちらはデザインより
技術や発明と言った方が近いかもしれませんが、
陶器の表面を超親水性にした商品です。

2016年02月23日
株式会社LIXIL「アクアセラミック」のニュースリリース
http://newsrelease.lixil.co.jp/news/2016/020_water_0223_01.html

汚れの下へ水が入り込み、汚れを浮かすそうです。

動画の1分05秒あたりからご覧になると、
ペンで書いた汚れが水で浮くシーンが見られます。

Youtube動画【LIXIL】マテリアルコネクションに
認められたアクアセラミックの実力


水できれいな状態が続き、清掃が簡単になりそうです。
同社は「キレイが100年続く」とうたっています。

本当にこんなに汚れが落ちる状態が続くなら、
素晴らしいです。

次はSIXの「Lyric speaker」です。

GDE201609.jpg

歌詞が音楽に合わせて表示されて、
その文字も音楽に合わせて動くような
見ることも楽しめるスピーカーです。

面白いアイデアですね。
会場で見入ってしまいました。

最後はTESSの車椅子「COGY」です。
グッドデザイン金賞を受賞しました。

GDE201610.jpg

自分の足でこぐ車椅子です。
どちらかの足が少しでも動かせれれば、
ペダルがこげるようになっています。

自分の足を使って動ける楽しさや
リハビリ面での効果も期待できるようです。

受賞展では試乗もできました。
私も試乗しました。
操作性や乗り心地は良かったです。
すぐに慣れると思います。

足でこぐ車椅子は、私の固定概念を打ち破りました。
驚きましたし、
このような商品を望んでいる人がいることを知りました。

他にも素晴らしいデザインがたくさんありました。
また来年も行きたいと思います。

GOOD DESIGN EXHIBITION 2016(2)

おはようございます。中小企業診断士の山口達也です。

3週ほど間が空きましたが、
GOOD DESIGN EXHIBITION 2016のレポート続編です。
私が良いと思ったデザインをご紹介します。

まずは「東京防災」です。

GDE201605.jpg

東京都が発行した防災のガイドブックです。
300ページ以上もあります。

内容はいたって真面目ですが、
イラストが多く、漫画も取り入れるなど、
読みやすさに配慮しています。

多くの人に読んでもらわなければ意味がないので、
このような努力は素直に評価したいです。

ホームページ上でも内容は公開されています。
http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2015/08/20p8l300.htm

都外の人でも電子書籍で無料でダウンロードできます。

あらかじめ読んでおいて、
いざというときに再度見返すと役に立ちます。

次は「ジャックオーランタン型のゴミ袋」です。
グッドデザイン特別賞(地域づくり)を受賞しました。

GDE201606.jpg

ハロウィンに六本木や渋谷に大量のゴミが発生しますが、
そのゴミ拾いを促すデザインと言えます。

このゴミ袋の裏面には、燃える、燃えないなどの
見分けがつくようになっているのですが、
オレンジにこだわらずに黄色や紫、黒などを使って、
ごみ収集のしやすさまで踏み込んでも良いと思いました。

本日の最後のご紹介は
株式会社ミヤゲンの「キャリーカップ」です。
グッドデザイン特別賞(ものづくり)を受賞しました。

GDE201607.jpg

さまざまな大きさのカップを持ち運べるレジ袋です。

今までは紙製カップホルダーを使い、
ホルダーごと袋にいれて運ぶことが多かったですが、
資材の削減を考えると、この袋は優れています。

袋にカップを入れると、
アジャストシールが必要な分だけ剥がれて、
ぴったりはまります。

以下のwebサイトを見るとわかりやすいでしょう。
http://miyagen8.co.jp/ja/products/chemical-products/carrycup/

1個用と2個用の袋があります。
コンビニコーヒーがこれだけ売れていますから、
需要はあるでしょう。

他にもご紹介したいデザインがあります。
また後日に。

GOOD DESIGN EXHIBITION 2016

こんばんは。中小企業診断士の山口達也です。
GOOD DESIGN EXHIBITION 2016のレポートです。

GDE201601.jpg

今年のグッドデザイン賞を受賞した
デザインなどが展示されていました。

東京ミッドタウンと渋谷ヒカリエで
10月28日から11月3日まで開催されました。

4085件の審査件数の中から1229件が
グッドデザイン賞に選ばれています。

グッドデザイン・ベスト100の会場には
たくさんの来場者がいました。

GDE201602.jpg

今年のグッドデザイン大賞は
「オーサグラフ世界地図」が選ばれました。

authagraph01.jpg

長方形でありながら、面積や形の歪みをおさえた
地球の全体像を示す四角い世界地図です。

丸い地球を陸地を切らずに
長方形の平面にする難しさは
数学や文化の深い知見があったからこそ
成し遂げられたのでしょう。

authagraph02.jpg

球からいきなり平面にするのではなく、
途中に一度、正四面体にすることが
ポイントなんだそうです。

授賞式の記者発表で、
受賞した鳴川肇さんが話していました。

GDE201603.jpg

新しいものの見方を提示されたように思います。
大賞にふさわしいデザインです。

もうひとつ私がとても気に入ったデザインは
ノバルス株式会社の「MaBeee」(マビー)です。

GDE201604.jpg

「MaBeee」は、乾電池で動く製品を、
スマートフォンで
コントロールできるようにする製品です。

単3電池を入れるところに「MaBeee」を入れます。

「MaBeee」には、市販の単4電池を入れ、単4電池を
単3電池として使えるアダプターのような形状ですが、
電池の出力をBluetoothで通信した
スマートフォン経由でコントロールできます。

電気を流したり、止めたりできるのです。

電池で動くおもちゃなどの遊び方が広がる製品です。
希望が広がる、楽しいデザインです。
グッドデザイン金賞を受賞しています。

他にもご紹介したいデザインがあります。
後日あらためてレポートします。

GOOD DESIGN MARUNOUCHI

おはようございます。中小企業診断士の山口達也です。
今日は「GOOD DESIGN MARUNOUCHI」のご紹介です。

gd_marunouchi01.jpg

日本デザイン振興会が
デザインの展示や小さいイベントを開催する場所として、
昨年10月29日に開館しました。

有楽町駅近く、丸の内仲通りにあります。

六本木のデザインハブほど大きくありませんが、
丸の内仲通りの1階なので人通りの多いところです。

デザインにそれほど関心をもっていない人でも
立ち寄りやすく、情報発信・交流に適した場所だと思います。

gd_marunouchi02.jpg

基本的に販売をする店ではないので、
日本や東京のお土産を買うことは
期待しない方がよいと思います。

小さい場所ですが、密度の濃い交流ができるような
イベントの企画力が問われそうです。

GOOD DESIGN EXHIBITION 2015(5)

おはようございます。中小企業診断士の山口達也です。
GOOD DESIGN EXHIBITION 2015のレポート最終回です。

成田国際空港 第3旅客ターミナルビル

第3旅客ターミナル.jpg

LCC(ローコストキャリア)専用のターミナルです。

建設予算を半分にするため、
動く歩道も内照式の看板もありません。

陸上のトラックと同じ路面にして、
歩きやすく、誘導しやすくています。

上を歩きたく、走りたくなりませんか?
足取りが軽くなると思います。

スーツケースを転がす音も静かだと思います。
仮眠にも使えるソファも採用しています。

私はお客様によく
「お金をかけずに知恵を絞ろう」と話しますが、
節約しながら明るい気持ちになれるデザインです。

私が大好きなデザインです。

グッドデザインベスト100のご紹介は以上ですが、
私がその他に目に留まったものをお伝えします。

GOOD DESIGN EXHIBITION 2015の別会場にあった
「グッドデザイン・ロングライフデザイン賞」の展示と
D&DEPARTMENT PROJECTによる「Gマーク・ショップ」です。

lld001.jpg
lld002.jpg

入店者はとても多かったです。

最後に2015年の話題となった「ドローン」も
グッドデザイン賞の受賞の中にありました。
(BEST100ではありません。)

ドローン.jpg

受賞デザインは外国企業の製品のようです。

私は蜘蛛みたいで少し不気味に感じるので、
温かみや優しさのある外観だと嬉しいです。

GOOD DESIGN EXHIBITION 2015(4)

おはようございます。中小企業診断士の山口達也です。
GOOD DESIGN EXHIBITION 2015のレポート第4回です。

グッドデザインBEST100から、
事業の新しさが目立ったデザインをご紹介します。

最初にご紹介するのは
freeeの「会社設立freee」です。
https://www.freee.co.jp/launch/

会社設立freee.jpg

webサイトでの質問項目を埋めていくと
株式会社と合同会社の
設立に必要な書類を無料で作成してくれます。

私も試してみました。

細かいことや難しいことを省いて、
簡素に設計されています。

知識がある方には、
もの足りないところもあるでしょうが、
多くの人にとっては、むしろ親切でしょう。

家電のリモコンのボタンを
あえて少なくすることで
迷わなくなることと同じです。

無料でどうやってビジネスにしているのか
興味をもたれる方も多いと思います。

司法書士や印鑑制作の事業者への紹介手数料も
あるかもしれませんが、
基本的には、同社が運営している
クラウド会計ソフトの利用につなげることが
狙いだと思われます。

ただし、会社設立freeeのホームページを見ると、
0円、最短5分で会社が設立できそうに見えますが、

会社設立には登録免許税が必要ですし、
知識とスキルがないと
5分では難しいので注意してください。

次は、株式会社kedamaの「シェアビレッジ」です。
http://sharevillage.jp/

秋田県の茅ぶき古民家の
維持、再生の事業です。

シェアビレッジ01.jpg

「年貢」と呼ばれる年会費3000円を
支払うと「村民」になれます。

自分の好きなときに自分の村へ行き、
田舎体験ができたり、
村民同士の交流ができたりします。

別に料金がかかりますが宿泊もできます。

人が呼び込み、交流することで、
消滅の危機にある古民家が再生されます。

シェアビレッジ02.jpg

「年貢を納めて村民になろう」の
キャッチコピーは秀逸です。

言葉選びにも遊びが効いています。

年に一度の村祭りを「一揆」、
村民同士が村を訪れるツアーを「里帰」、
と呼んでいます。

この楽しそうな雰囲気が、
この事業の大きな魅力になっていると思います。

都会育ちで、農村に田舎を持たない人の中には
魅力を感じる人もいるでしょうね。

最後はクラウドワークスです。
クラウドソーシングの大手です。

クラウドワークスgde01.jpg

当ブログでも昨年ご紹介しましたので、
今日は詳細は省きますが、
グッドデザインベスト100に選ばれています。

2015年4月3日「クラウドソーシングの発注例
http://brand-design.seesaa.net/article/416703254.html

GOOD DESIGN EXHIBITION 2015(3)

おはようございます。中小企業診断士の山口達也です。
GOOD DESIGN EXHIBITION 2015のレポート第3回です。

グッドデザインBEST100から、
私が特に気に入ったデザインをご紹介します。

最初にご紹介するのは、
小野金物卸商業協同組合の「播州刃物」です。
http://kanamono.onocci.or.jp

播州刃物01.jpg
播州刃物02.jpg

兵庫県小野市の鍛冶屋のブランディングと
利益率の向上によって、後継者を確保して
事業が未来へ続けていこうと取り組んでいます。

商品価値、価格、ブランド、デザインの見直しを
グループで取り組めているのは素晴らしいです。

ひとつにまとまって
新たな行動を起こすのは難しいので、
うまく働きかけた方は本当に素晴らしいですし、
結果が出ていることも賞賛したいです。

次はTenon合同会社の「STチェア」です。
http://www.small-axe.jp/

stチェア.jpg

牛皮を使用し、座り心地を追求した上で
10脚まで重ねて収納できます。

重さ2.7kgと、かなり軽い椅子です。
美しさもあり、木工技術の高さを感じます。

パナソニックのロボット掃除機「ルーロー」です。

ルーロー01.jpg

ルーローの三角形の形状にすることで、
隅まで掃除できるそうです。見事ですね。

ルーロー02.jpg

今日の最後はバルミューダの「The Toaster」です。
http://www.balmuda.com/jp/toaster/

バルミューダトースター01.jpg

小さじ1杯の水を入れて、スチームをおこして
パンの内部に水分を含んだふっくらとしたトーストが
できるそうです。

こちらも見事です。
現在は生産が追いつかないほどの売れ行きだそうです。

高級な電気炊飯器が売れて話題になったのは、
10年近く前になると思います。

それから大手の電機メーカーは
高級炊飯器を競って発売していますが、
トースターはそれほど進化していませんでした。

一方でバルミューダの着眼点は素晴らしいです。

実際に食べていないので、
製品の魅力は伝えられませんが、
デザインと技術革新への意欲を感じました。

日本の大手電気メーカーが
家電市場で苦戦している
背景のひとつかもしれません。

GOOD DESIGN EXHIBITION 2015(2)

おはようございます。中小企業診断士の山口達也です。
今朝の横浜は大雨です。
GOOD DESIGN EXHIBITION 2015のレポート第2回です。

グッドデザインBEST100から、
私が特に気に入ったデザインをご紹介します。

最初にご紹介するのは
exiii(イクシー)株式会社の電動義手「HACKberry」です。
http://www.exiii.jp/hackberry.html

gde2015008.jpg

電動義手は手のない人が
残された腕の筋肉を使って操作します。

電動義手は、価格が高く、
機能、デザイン面での選択肢も少ないため、
あまり普及していませんでした。

gde2015009.jpg

そこで開発を促すため、設計データを
世界中の開発者・デザイナーに無償提供して、
機能やデザインが増えていく仕組みを作っています。

オープンソースと3Dプリンターの活用で
製造コストを約9割減らしたそうです。

次は、デンソーの「iArmS」です。
http://www.denso.co.jp/ja/news/newsreleases/2015/150427-01.html

外科手術の執刀医の負担軽減をはかる肘置きです。

gde2015010.jpg

腕を動かすときにはうまく追従し、
固定したいときには支えてくれる仕組みです。

私も操作を体験しました。
装置価格は約1000万円なので貴重な体験です(笑)

慣れると使いやすく、
細かい作業をしやすくなります。

昨年のデンソーウェーブの産業用ロボットに続いて、
デンソーのロボット技術・デザインの力を感じます。

次はクリナップの「流レールシンク」です。

使いながら流し台のゴミが
まとまって流れやすい流し台です。

gde2015011.jpg

流し台の清掃の時間短縮と節水になります。

この商品は動画での説明がわかりやすいですね。

新クリンレディ「流レールシンク」紹介


いままでの一般的な流し台の問題点として、
水が蛇口から落ちてくると、手前に流れる水もあって、
傾斜の上にゴミが残されてしまうことを
説明されていて、なるほどと思いました。

波で海岸に海草が打ち上げられているのと同じです。

作業するのは手前側が多いわけですし、
左右にも傾斜をつけている、
今回の形は理にかなっていますね。

本日、最後にご紹介するのは、
美津和タイガーの「レボルタイガー」です。
http://mitsuwa-tiger.com/

グリップが楕円形で、
底部に角度がある野球のバットです。

gde2015012.jpg

人間工学の観点で設計したそうで、
手への衝撃を緩和するため、
怪我をしにくくなるそうです。

固定観念を取り払ったデザインです。

全日本軟式野球連盟などから公認を受けるなど、
企業努力も感じられます。

バットコントロールやスイングスピードにも
プラスに働くそうなので、
近い将来にイチロー選手のような打率の
バッターがたくさん出てくるかもしれません。

デザインで世の中が
どんどん豊かになっていくのを感じませんか?

人々の幸せを作り出している企業やデザインは
素晴らしいですね。

他にもたくさんご紹介したいデザインがあります。
また日を改めてお伝えします。

GOOD DESIGN EXHIBITION 2015(1)

おはようございます。中小企業診断士の山口達也です。
GOOD DESIGN EXHIBITION 2015のレポートです。

gde2015001.jpg

2015年度のグッドデザイン賞受賞展です。
10月30日から11月4日まで
東京ミッドタウンで開催されました。

写真は「BEST100」の会場です。

gde2015002.jpg

今年のグッドデザイン賞は、
「グッドデザイン賞から見えてくる12の未来」
と題して、デザインが目指すものを
切り口にした展示がされていました。

グッドデザイン大賞は、
WHILL(ウィル)株式会社の「WHILL Model A」です。

gde2015004.jpg

電動車いすのリ・デザインと言えます。

webサイトの動画を見ると軽やかで力強い走りと
意匠の魅力をアピールしています。

機能面でも、
7.5cmの段差も乗り越えられることや、
その場で旋回ができ、
狭い廊下でも曲がりやすい点は優れていますね。

試乗したら、もっと魅力が伝わるかもしれません。

gde2015003.jpg


今朝の日本経済新聞の神奈川版によると、
価格は995,000円、すでに300台を販売しているそうです。
5時間の充電で20kmの走行が可能のようです。

BEST100の展示会場の隣には
インドのデザインマークや、
タイのデザインエクセレンスアワード
の大きな展示もありました。

gde2015005.jpg
gde2015006.jpg

別会場では、メコンデザインセレクションとして、
カンボジア、ラオス、ミャンマー、ベトナムの企業が
日本人デザイナーと商品開発などに取り組んだ成果を
展示していました。

gde2015007.jpg

アジアのデザイン発展に貢献する
ソフトパワーの発揮も良いことですね。

グッドデザイン賞の受賞デザインのうち、
目に留まったものは来週以降ご紹介します。

GOOD DESIGN EXHIBITION 2014(4)

おはようございます。中小企業診断士の山口達也です。
GOOD DESIGN EXHIBITION 2014
(グッドデザイン賞受賞展)のレポート最終回です。

JR東日本アプリ」も受賞しました。

gde201408.jpg

これはかなりの優れもので、私もよく使っています。

電車の運行情報が見られるのですが、
京浜東北線のリアルタイム列車位置情報と、
山手線トレインネットを初めて見たときは驚きました。

山手線トレインネットは、リアルタイムで
山手線内で走行している電車の位置がわかり、
それぞれの車両の混雑度合いもわかります。

前の方の車両が空いていることや、
真ん中の車両が混んでいる、といったこともわかります。

どうやって情報を集めているのか、
いつも不思議に思っています。

混雑した電車を避けることができて快適です。
私みたいな人が増えると満員電車も減るでしょう。

グラフィックスもよくできていて、
情報がわかりやすいです。

アプリが無料であることも嬉しいです。

次にご紹介するのは「rinkak」(りんかく)です。

gde201409.jpg

3Dプリンターのデータがあれば製造できるサービスです。

出力を受託するサービスは他にもあるのですが、
扱っている素材が多いです。

フルカラー石膏、ナイロン、ABS、アクリル、ステンレス、
銅、銀、金、プラチナ、チタン、陶器が可能です。

gde201412.jpg

驚きました。3Dプリンターも進化しているようです。

3Dデータを送って、見積もりをもらって製造するのですが、
その先にマーケットプレイスに出品・販売もできます。

単品もしくは少数しか作らないデザイナーやアーティスト、
クリエイターにはチャンスが広がりますね。

東南アジア諸国へのグッドデザインの浸透や連携も
進んでいます。

メコンデザインセレクションという新しい取り組みもありました。

gde201410.jpg

カンボジア・ラオス・ミャンマー・ベトナムの21社の
グッドデザイン賞を受賞した製品が展示されていました。
バッグや衣類などが多かったです。

単に表彰して展示するだけでなく、これらの製品・技術・素材に、
さらに日本のデザイナーからのブランディング提案や用途提案を
募り、優れた事業に発展させる取り組みです。

どんな事業になるのか楽しみです。

また、タイのデザインエクセレンスアワードの展示も
行われていました。

gde201411.jpg

こちらは数年前から行われています。
同じ東南アジアでも、タイの工業・技術レベルは高いです。
家具や台所、自転車などの展示が目立ちました。

やはりタイの文化・風土がデザインから感じられ、
こちらも楽しめました。

お互いの国でデザインプロモーションが進むと
文化・産業面でのメリットがありますね。

GOOD DESIGN EXHIBITION 2014(3)

おはようございます。中小企業診断士の山口達也です。

今日もGOOD DESIGN EXHIBITION 2014
(グッドデザイン賞受賞展)のレポートです。

gde201405.jpg

私が気にいったデザインをご紹介していきます。

パナソニックの「電池がどれでもライト」です。

gde201406.jpg

単1電池から単4電池のどれかひとつを入れるだけで
懐中電灯として使えます。

他の種類の電池はあるのに、
必要な型の電池がないことはよくあるので、
非常時などへの対応力を考えるとよいですね。

写真のモデルは仕組みがわかりやすくするために、
電池の内臓部が透明になっていますが、
実際は写真右のように白く覆われています。

ランタンとしても使用でき、
手ごろな大きさに収まっていて扱いやすいです。

次はソニーのレンズスタイルカメラです。

gde201407.jpg

スマートフォンと一緒に使うデジタルカメラです。

スマートフォン自体のカメラ機能も進化していますが、
暗い所での撮影やズームなどは、
本格的なカメラと性能に差があるようです。

このレンズスタイルカメラは、
スマートフォンに取り付けて撮影することもできますし、
スマートフォンと離して、
スマートフォンをリモコンのようにして撮影することもできます。

撮影画像はスマートフォンで確認できます。

レンズスタイルカメラは、
本格デジカメのモニター液晶部がないものと
考えた方がわかりやすいかもしれません。

本格的なカメラでの撮影画像を、
ネットにすぐにアップできるのも
スマートフォンと連動した良さですね。

カメラのサイズも4タイプあります。
スマートフォンなしでも撮影できるようです。

カメラが趣味で、すぐに外出先からアップしたい人には
魅力的な商品でしょう。

今までにない楽しみ方の可能性を感じさせます。

タブレット端末とこのカメラがあると、
いわば本格的なデジカメとパソコンが一体化するわけで、
私が思いつかない新しい楽しみ方を
ユーザーが見つけるような気がします。

次回のレポートが最終回です。

タートルタクシーのイノベーション_GOOD DESIGN EXHIBITION 2014(2)

おはようございます。中小企業診断士の山口達也です。
グッドデザイン賞受賞展のレポート続編です。

今日は三和交通の「タートルタクシー」に
焦点を当ててご紹介します。
グッドデザイン・未来づくりデザイン賞を受賞しました。

先週ご紹介した「東北食べる通信」と並んで、
私が強く感動したデザインでした。

タートルタクシーは、助手席裏にあるボタンを押すと
いつもよりゆっくり快適な運転を提供するサービスです。

turtletaxi01.jpg

turtletaxi02.jpg

お年寄りや妊婦など、ゆっくりでもいいから安全で
快適に移動したい方々から喜ばれているようです。

電話での予約本数が13%増加しています。

動画をご覧になると、とてもわかりやすいです。
前半の2分40秒の紹介動画だけでもよいです。
動画の質もとても高いです。



タクシー運転手は、乗客から
「急いで」と言われることが多く、
日頃は急いで運転しようと思いがちだそうです。

一方、利用者に調査をしたところ、76%の人が
「ゆっくり運転してほしいと思ったことがある」
と回答しました。

しかし今まで、乗客は「急いでいない」ことを
運転手に伝えることはありませんでした。

タートルタクシーの助手席裏にあるボタンを押す行為は、
今まで潜在的だった「急いでいない」思いを
伝えることを簡単にして、
顧客満足を上げることができるようになりました。


ボタンが押されるとフロントガラスに
「ゆっくり走行中」と表記されたパネルが掲示され、
車外からでもゆっくり走行中であることが伝えられます。

ゆっくり走ると燃費が良くなり、コスト削減になります。
環境にもやさしいです。

さらにタクシーは時間でも料金をもらえるので、
増収にもなりやすいです。

タートルタクシーは従来の視点から脱却し、
顧客の潜在ニーズをつかまえ、
新しい価値を提供しています。

アイデア、リサーチ、ビジョン、ネーミング、
ビジネスの実行、運用、収益改善、環境、
説明動画の質、いずれも素晴らしいです。

素晴らしいイノベーションに、芸術的な美しさを感じました。
世界に広がってほしいです。

次週もGOOD DESIGN EXHIBITION 2014のレポートは続きます。

GOOD DESIGN EXHIBITION 2014(1)

おはようございます。中小企業診断士の山口達也です。
今日はGOOD DESIGN EXHIBITION 2014
(グッドデザイン賞受賞展)のレポートです。

今年も10月31日から11月4日まで
東京ミッドタウンで開催されました。

gde201401.jpg

素晴らしいデザインをご紹介します。

今年のグッドデザイン大賞は、デンソーウェーブの
「医療医薬用ロボットVS050 SⅡ」です。

gde201402.jpg

クリーンルームなど滅菌環境下での作業を想定した
産業用垂直多関節ロボットです。

滅菌洗浄に耐性があり洗浄が行いやすいロボットです。
関節部断面を正円にして、段差や隙間を消し去っているそうです。

展示会場では、ロボットを実際に動かしており、
多くの人の目をひきつけていました。

デザイン・クリエイティブ情報「JDN」は、
デンソーウェーブの担当者がプレゼンで、
「(クリーンルームという特殊な場所で使うため)
皆さんがこの実物をご覧になるのはこれが最初で最後かもしれません」
と話した、と報じています。

意外と貴重な機会だったみたいで、
それならもっとじっくり見ればよかったと思いました。

このロボットとグッドデザイン大賞を僅差で争ったのが、
NPO法人東北開墾の「東北食べる通信」です。

「東北食べる通信」は、東北の熱心な農家や漁師を
取材した月刊の情報誌です。

タブロイド誌と一緒に、彼らが収穫した食べ物が会員宅に毎月届きます。
会費は月1,980円です。

gde201403.jpg

写真の左上にはホタテ貝が写っています。

会員はFacebookページで、
届いた食べ物を使った料理を見せ合ったり、
生産者と直接コメントを交わしたり、
SNSを通じた交流も楽しめます。

また、追加で食べ物を注文することもできます。

生産者と消費者をつなぎ、交流する仕掛けが素晴らしいですし、
生産者を発掘し、取材する編集者の努力や、
落とし込まれた紙面も素晴らしいです。

東北から他の地方に広がっていくようです。
私は今年のグッドデザイン賞で一番嬉しくなったデザインです。

毎月、産地直送で届いて、
作り手の思いを知ることができるなんて素敵ですよね。

生産者も消費者に声を届けられる機会は望んでいると思います。

似たような仕組みはこれまでもあったかもしれませんが、
このタブロイド誌のデザイン、取材力が
大きな付加価値になっています。

次ももグッドデザイン金賞を受賞した
ヤマハ発動機の電動アシスト車いす 「JWスウィング」です。

電動アシスト自転車の実績があるヤマハが作った
単なるアシスト機能つきより進化した製品です。

gde201404.jpg

付属の専用ソフトで使用者の身体状況や使用環境に合わせて
最適なアシスト力を設定できるほか、
2種類のパラメーターを記憶させてボタンひとつで切り替えられます。

異なる左右の腕力に合わせて設定ができることや、
上り坂やでこぼこ道にあわせて、
ボタンひとつでアシスト力を高められるのはよいですね。

アシスト駆動、バッテリー付きなのに、
折り畳むことができ、軽量化を図っていることも素晴らしいです。

他にもご紹介したいデザインがありました。次回に。

G展2013(2)

こんばんは。中小企業診断士の山口達也です。
G展のレポート続編です。
今年は1212件がグッドデザイン賞に選ばれました。

グッドデザイン・ベスト100の中から紹介を続けます。

マスキングカラー
壁などに描いて、乾いた後に簡単に剥がせる水性塗料です。

maskingcolor.jpg

安全に使え、子どもが自由にお絵描きしてもよいですし、
店などの装飾に使えます。

東京ビジネスデザインアワードで提案されていました。

もともとは工業製品の表面保護に使われていた塗料を
デザイナーの小関隆一さんが
新しい切り口で商品提案したものです。

アワードでは、最優秀賞や優秀賞は取れなかったのですが、
私にはデザインの完成度が一番高く感じられ、
一番気に入った商品でした。

STORES.jp
オンラインストアが最短2分で作れるというwebサービスです。

storesjp.jpg

商品が5つまではなら無料です。
無料でもクレジットカード決済機能などが搭載されています。
(購入金額の5%が決済手数料として発生します)

月額980円のプレミアムプランで、
掲載できる商品アイテム数が無制限となり、
メールマガジンやクーポン機能、アクセス解析機能がつきます。

その他、プロカメラマンによる商品撮影サービスや、
商品の保管・発送代行サービスなどが格安で利用できます。

webサイトのデザインの自由度も高く、
ショップオーナーにとって、とても良さそうなサービスです。

開設1年で5万店を超えたようです。

今度、私も試しにサイトを作ってみようかと思っています。
良かったらまた皆様にご紹介しますね。

P.G.C.D. ロシオン エクラ
化粧品のパッケージが評価されました。

pgcd.jpg

美しいガラス瓶と、詰め替えリフィルのパッケージです。

化粧品では容器の美しさも重要な要素ですが、
瓶を使い捨てにするのは環境に悪い意識がありました。

一方で、ユーザーが中身を詰め替えパックで
入れ替えるには衛生面で抵抗があるものでした。

そこで透明な薄いプラスチック製容器に入ったリフィルを
開発し、リフィルごと詰め変えるデザインを新たに開発しました。

使っている途中の状況が美しいのか気になりますし、
外側のガラス瓶も使い続けるうちに、
汚れがに気になるのではないかなど、
いろいろ思ったのですが、新しい試みに拍手を送りたいです。

他にベスト100に入ったデザインには、
グーグルマップ、くまモン、ロケットのイプシロン、
武雄市図書館などがありました。

ベスト100の展示以外の会場をご紹介します。
第2会場はこんな感じです。

Gdai2.jpg

次は第3会場の様子です。

Gdai3.jpg

第3会場で目に留まったのが、
西友の「みなさまのお墨付き」でした。

minasamaosumi.jpg

消費者テストの支持率が70%以上のものだけを商品化した
プライベートブランドです。

支持率も88.2%のように、
それぞれの商品POPに書いてあって面白く、
買う時の参考になります。ロゴも力強くて良いです。

第4会場と第5会場です。

Gdai4.jpg
Gdai5.jpg

第4会場は東芝やニコンなど、
第5会場はヤマハ発動機やトヨタ、ホンダなどの
展示がありました。

数回にわたってレポートすると前回お伝えしましたが、
2回でまとめきって今回で完結にします。