TACの教室講座が休講。ライバルは猛勉強している

おはようございます。中小企業診断士の山口達也です。
政府から新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言が出たため、
資格の学校TACの関東地区の教室講座が本日から5月10日まで休講します。
https://www.tac-school.co.jp/

受講者は、窓口で教材を受け取ることはできますが、
自習室の利用もできません。

自宅やwebでの通信学習が中心となります。

私はTAC中小企業診断士講座の講師を務めていて、
毎週のように講義を担当しています。
突然の休講は残念ですが致し方ありません。

受講生の方に当ブログを通じてメッセージを送ります。

新型コロナウイルスで感染予防だけでなく、
仕事や生活に大変な思いをされている方も多いと思います。

5月に予定されていた司法試験も延期となり、
7月の中小企業診断士1次試験もどうなるかわかりません。

学習を進めにくい方もいらっしゃると思います。

しかし、診断士講座の講師の私から事実を申し上げます。

このような時に猛勉強している受験生がいるということです。

jyuken2.jpg

世の中を見渡せば、突然仕事を失った人がいます。
会社が休業となった人もいます。

このような人の中には、
絶対に今年の中小企業診断士試験に合格して、
自分の未来を変えようと猛勉強している人がいます。

講師が驚くほどです。
毎日数時間から10時間くらい、学習される方もいます。

仕事がとても忙しい方でも、
いまは来客や商談が減り、残業がなくなる方もいます。
在宅勤務となり通勤時間がなくなった人もいます。

新型コロナウイルスで、
むしろ忙しくなった方もいらっしゃると思いますが、
効率的に集中して学習を進めてください。

大学生でも、大学の休講、アルバイト時間の減少で
診断士受験勉強に打ち込む人もいるでしょう。

中小企業診断士1次試験は原則、絶対評価ですが、
2次筆記試験は事実上、相対評価です。

猛勉強のライバルがいることを忘れず、
学習をがんばってほしいです。

中小企業診断士1次試験の試験案内(いわゆる願書)の配布が始まっています。
5月8日までに手続きを忘れずにお願いします。

中小企業診断協会:中小企業診断士試験
https://www.j-smeca.jp/contents/007_shiken.html

東京商工会議所で担当している窓口相談が中止

おはようございます。中小企業診断士の山口達也です。
横浜(神奈川県)に緊急事態宣言が発令されました。

新型コロナウイルスの感染拡大による
医療崩壊を回避し、社会全体で外出を減らすために、
経済や文化を犠牲にしてでも、
少人数イベントなども中止せざるを得ません。

中小企業にとって、たいへん厳しい状況ですが、
なんとか生き残りを考えるしかありません。

cancel2020.jpg

さて、私が担当している
東京商工会議所のビジネスサポートデスク東京南
の窓口専門相談が中止となりました。
https://www.tokyo-cci.or.jp/soudan/bsd/south/

私は月に1回、広告やデザイン、マーケティングなどの
無料窓口相談を東京商工会議所で行っていましたが、
4月と5月は中止になりました。

6月以降の再開はコロナウイルス感染状況次第となりそうです。

なお、窓口専門相談は休止しておりますが、
東京商工会議所も、ビジネスサポートデスク東京南も
営業、相談業務は行っています。誤解なきようお願いします。

東京商工会議所の職員も出勤していますし、
通常の経営相談はお受けしております。

販売促進や税務、労務などについて、
中小企業診断士、税理士、社会保険労務士に相談できる
窓口専門相談が中止です。

将来は、テレビ会議で相談をお受けできるようになれば良いですね。

ちなみに、東京都商工会連合会でも
私は経営相談をお受けしておりましたが、
予約や電話相談での対応となります。

このように書くと、
私の体調を心配してくださる方もいらっしゃると思いますが、
私は元気です。

しかし、自分は無症状なだけで
実は感染しているかもしれない、
人と接すると他人に感染させてしまうかもしれない、
と考え、人との接触は必要最小限にして辛抱したいと思います。
posted by ブランド経営コンサルタント at 05:43Comment(0)お知らせ

「企業診断」2020年4月号に掲載されました

おはようございます。中小企業診断士の山口達也です。

タレントの志村けんさんが亡くなりました。
私を一番笑わせてくれた有名人かもしれません。
新型コロナウイルスによる肺炎、すごく悲しく、寂しいです。

子どものときは、ただテレビを見て笑うだけでしたが、
大人になって、努力の人だったと思います。

今日から新年度、横浜の桜も満開です。
ブランドファインを開業して12年、私もこれからも努力を続けます。

雑誌「企業診断」の2020年4月号に取材記事が掲載されました。

kigyoshindan202004.jpg

連載「プロコンたちの流儀」で私が先日取材を受けました。

私が話した内容をもとに
中小企業診断士の西島康介さんが小説風に書いています。

kigyoshindan24.jpg

ブランディングによる中小企業支援の事例が、
物語にまとめられていて読みやすくなっています。

大きな書店の他、出版元の同友館でも
ご購入できますので、もしよければご覧ください。
https://www.doyukan.co.jp/store/item_2020041.html

栄養成分表示や新しいアレルギー表示はできましたか?

おはようございます。中小企業診断士の山口達也です。

2015年4月に施行された食品表示法のうち、
一般用加工食品への経過措置期間が今月で終わります。

4月からは、栄養成分表示や
新しいアレルギー表示に対応する必要があります。

栄養成分表示は、
容器包装に入れられた加工食品について
熱量、たんぱく質、脂質、炭水化物、食塩相当量
の表示が義務化されます。

また、アレルギー表示は原材料名の最後に
(一部に卵・乳成分を含む)
などカッコ書きで記します。

(原材料の一部に・・・)は旧基準の表示で、
新表示は(一部に・・・)と表記が変わりました。

foodlabel11.jpg

今までは、原材料と添加物の境目が分かりにくい
ものがありましたが、スラッシュを入れるなどして、
原材料と添加物がはっきりわかりやすくなります。

加工食品の原料原産地表示も
2022年3月に移行期間が終了しますので
準備を進めましょう。

詳しくは消費者庁や東京都のガイドをご覧ください。
東京都の「大切です!食品表示」はわかりやすくてお勧めです。

食品表示基準は膨大で、
変更すべきことの把握や記載内容の整理にも時間がかかります。

完璧に理解するのは難しいです。
保健所への相談も有効でしょう。

消費者庁「早わかり食品表示ガイド(事業者向け)」
https://www.caa.go.jp/policies/policy/food_labeling/information/pamphlets/pdf/pamphlets_190722_0001.pdf

東京都「大切です!食品表示 食品表示法 食品表示基準手引編」
https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/shokuhin/hyouji/kyouzai/files/tebiki_tougouban.pdf
posted by ブランド経営コンサルタント at 08:55Comment(0)経営全般

新型コロナウイルス不況に備える

おはようございます。中小企業診断士の山口達也です。

世界各地で新型コロナウイルスの感染拡大が進み、
WHO(世界保健機関)はパンデミックと表明しました。

残念ですが、世界的な不況に突入することが避けられなくなりました。

2020317.jpg

日本の貿易相手のトップ3である、
中国、米国、韓国では日本より感染拡大が進んでおり、
欧州も深刻な状況です。

そのため、すでに観光や小売では
2月から大きな影響が出ていますが、
製造業など他の業種でも業績を大きく下押しします。

設備投資の減少、雇用の縮小、賃金の低下は必至で、
ほとんどの業種で少なくとも1年程度は業績が悪化しそうです。

中小企業経営者としては、以下の点に備えましょう。

・政府系金融機関やセーフティネット保証を使って
低利の融資で早めに手許現金を厚くしておきましょう。

・従業員が感染すると、会社が休業に追い込まれる
可能性があります。できるだけ従業員が感染しないように
会社としても努めることや、仮に感染者が出た場合でも
業務が続けられるような組織運営をしましょう。

早く収束するかもしれませんが、長く時間がかかるかもしれません。

政府や地方自治体の支援策のチェックや、
商工会・商工会議所などの相談窓口も活用しましょう。

経済産業省:新型コロナウイルス感染症に関連した支援策
https://www.meti.go.jp/covid-19/index.html
posted by ブランド経営コンサルタント at 10:17Comment(0)経営全般

Googleマイビジネスの表示順位を上げるポイント

おはようございます。中小企業診断士の山口達也です。
今日もGoogleマイビジネスに関する話です。

GoogleやGoogleマップで、地名と業種をキーワードにして
検索すると3件の情報が目立つように表示されます。

Googleマイビジネスに登録するからには、
自社がその上位3件に入りたいところです。

gmybusiness001.jpg

Googleマイビジネスでの検索結果の表示順位を
上げる方法をまとめました。

検索結果の掲載順位は主に次の3つで決まるようです。

・検索内容との関連性
・検索者との距離
・ネット上やネット以外の知名度

距離の観点では、所在地の入力や
サービス提供地域をきちんと入力しましょう。

そして関連性は、以下の情報があると高まると思われます。

・ビジネスの内容、所在地、カテゴリ(業種)を入力する
・写真をアップする
・クチコミに返信する

さらに、営業時間だけでなく、
祝祭日や特別イベントの日の特別な営業時間も伝えると、
良いと思われます。

これらは下のGoogleマイビジネスヘルプをもとに書いています。

Google のローカル検索結果の掲載順位を改善する
https://support.google.com/business/answer/7091?hl=ja

情報を充実されるという観点では、
Googleマイビジネスで作成されるウェブサイトにある
「説明」や「ヘッドライン」「概要の見出し」
「概要の本文」にも情報を入れておくとよいと思われます。

Googleマイビジネス以外の情報も大切です。
ホームページ、ブログや食べログなどの情報も
前述のネット上の知名度に影響すると思われますので、
おろそかにしない方がよいでしょう。

目次(0741~0760)

おはようございます。中小企業診断士の山口達也です。
今日は目次をお届けします。
気になる記事があったらクリックしてください。

2019年10月29日~2020年2月5日分
記事ナンバーとタイトル

760 目次(0741~0760)

755~759はGoogleマイビジネスの情報提供と講演の案内です。
757で告知した講演は、759の通り中止となりました。

759 昭島市商工会の3月19日の講演は中止
758 講演「IT活用セミナー新規顧客をGoogleマイビジネスで集める方法」
757 講演「無料で最強のSEO!新規顧客をGoogleマイビジネスで集める方法」
756 Googleマイビジネスで新規顧客を無料で集めよう!

755 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」展

752~754は東京ミッドタウンのデザインイベントの話題です。

754 TOKYO MIDTOWN AWARD 2019
753 Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2019(2)
752 Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2019(1)

743~747と751はグッドデザイン関連のレポートです。

751 グッドデザイン・ロングライフデザイン賞2019

750 謹賀新年2020 165万ページビュー突破!
749 2019年をブランドで振り返る(サブスクリプションとキャッシュレス)
748 2019年をデザインで振り返る(ワークマンの躍進)

747 グッドデザイン賞受賞展2019(5)
746 グッドデザイン賞受賞展2019(4)
745 グッドデザイン賞受賞展2019(3)
744 グッドデザイン賞受賞展2019(2)
743 グッドデザイン賞受賞展2019(1)

742 商標権更新登録申請を自分で行う方法

741はスペインのレポートです

741 サンジョセップ市場とサンミゲル市場と巨大自販機

740 目次(0721~0740)
posted by ブランド経営コンサルタント at 08:56Comment(0)目次

昭島市商工会の3月19日の講演は中止

こんにちは。中小企業診断士の山口達也です。

3月19日に昭島市商工会で行う予定の講演、
「無料で最強のSEO!新規顧客をGoogleマイビジネスで集める方法」
は新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため中止になりました。

講演「無料で最強のSEO!新規顧客をGoogleマイビジネスで集める方法」
https://brand-design.seesaa.net/article/473644292.html

楽しみしていただいた方には申し訳ございません。
また開催することがありましたら、当ブログで告知します。

講演「IT活用セミナー新規顧客をGoogleマイビジネスで集める方法」

おはようございます。中小企業診断士の山口達也です。

新型コロナウイルスでイベントなどの中止が相次いでいます。

しかし、参加、不参加が参加者の自由なイベントで、
大人数が密集しないイベントまで中止することは行き過ぎな気もしています。

交流や経済活動の停滞は、まわりまわって、
最終的に社会全体が精神的、経済的に貧しくなります。

休みたくても休めないイベントの中止・延期、
満員電車などの緩和などを各企業・団体には優先してほしいです。

さて、今日は調布市商工会での講演のご案内です。

テーマ:「IT活用セミナー 新規顧客をGoogleマイビジネスで集める方法

20200318_02.jpg

先週ご紹介した昭島市商工会で行う
Googleマイビジネスのセミナーと
同様のセミナーを調布市商工会でも行います。

下に当てはまる中小企業にはぜひお越しいただきたいです。

・地域密着ビジネスをしている中小企業
・店舗をお持ちの中小企業、
・お金をかけずに簡単なホームページを作りたい小規模企業
・SEOに取り組んでいる中小企業

日時:令和2年3月18日(水)14:00~16:00
場所:調布市商工会館 3階会議室
主催:調布市商工会
受講料:無料
定員:40名

カリキュラム
・Googleマイビジネスとは
・Googleマイビジネスへの掲載方法
・無料でホームページが作れる
・Googleマイビジネス運用のコツ

詳細・お申込みは調布市商工会のチラシpdfファイルをご覧ください。

お問合せ:調布市商工会(ご担当:溝渕様)TEL. 042-485-2214

上にGoogleマイビジネスをお勧めする中小企業を記しましたが、
Googleマイビジネスに登録できない企業もあります。

・所有権や代表権を持たない場所で継続的に実施するサービス、教室、集会
・不動産賃貸物件や販売物件
・ブランド、組織、アーティスト、オンラインのみのビジネス

出典:Google に掲載するローカル ビジネス情報のガイドライン
https://support.google.com/business/answer/3038177?hl=ja

これらの企業ではGoogleマイビジネスを活用できませんが、
その他の企業にはお勧めです。

店舗がなくても事務所として営業していれば
Googleマイビジネスに登録できます。

さらに、自宅で事業をしている方で、
自宅住所を非公開にしたい方は
非公開で登録することも可能です。

講演「無料で最強のSEO!新規顧客をGoogleマイビジネスで集める方法」

おはようございます。中小企業診断士の山口達也です。
梅の花が咲き誇るようになりました。
今日は雨水、春に向かっています。

さて、今日は昭島市商工会での講演のご案内です。

2020年3月2日追記:本講演は新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止になりました。

テーマ:「無料で最強のSEO!新規顧客をGoogleマイビジネスで集める方法

20200319.jpg

先週ご紹介したGoogleマイビジネスに関するセミナーです。

日本でのインターネット検索の7割超がGoogleです。
Yahooは約2割です。

企業を探そうとしてGoogle検索をしたときに
検索結果の上位に自社が掲載されるメリットは大きいです。

また、スマートフォンのGoogleマップアプリも
日本でいちばん使われている地図アプリです。

Googleマイビジネスでは
Googleマップにも企業情報が掲載されます。

無料で登録できる
Googleマイビジネスを上手に使いこなすと
新規のお客様をつかめるようになります。

Googleマイビジネスには
ごく簡単なホームページ作成機能もありますので、
無料で自社のホームページを作ってみたい
小規模企業には特にお勧めです。

以下にあてはまる中小企業はぜひご参加ください。

地域密着ビジネスをしている中小企業
店舗をお持ちの中小企業、
お金をかけずに簡単なホームページを作りたい小規模企業
SEOに取り組んでいる中小企業

日時:令和2年3月19日(木)18:30~20:30
場所:昭島市勤労商工市民センター2階
主催:昭島市商工会
参加費:無料
定員:30名

カリキュラム
・Googleマイビジネスとは
・Googleマイビジネスへの掲載方法
・無料でホームページが作れる
・Googleマイビジネス運用のコツ

詳細・お申込みは昭島市商工会のチラシpdfファイルをご覧ください。

お問合せ:昭島市商工会(ご担当:山本様)TEL. 042-543-8186

Googleマイビジネスで新規顧客を無料で集めよう!

おはようございます。中小企業診断士の山口達也です。
今日はGoogleマイビジネスについてです。

皆様はGoogleマイビジネスを使っていますか?

Googleマイビジネスとは、
かつて「Googleプレイス」と呼ばれていた
サービスの名称が変わってパワーアップしたものです。

例えば、Googleで「横浜 鶴見 レストラン」
と検索した時に表示される画面が下の画像です。

gmybusiness001.jpg

横浜市鶴見区のレストランのうち3店の場所と情報が記されます。

イタリア料理などの料理の種類や、
住所やクチコミレビュー、営業時間などが載っています。
3件目の情報はパソコンの画面からほとんど切れています。

スマートフォンでも同様です。

gmybusiness002.jpg

画面を下にスクロールするとこんな感じです。

gmybusiness003.jpg

このGoogleマイビジネスによる検索結果表示は
通常の検索結果で1位に表示されている
食べログよりも上に掲載されています。

レストラン情報を
食べログより上位に表示させるのは至難の業です。

レストランに限らず、中小企業ではSEOをがんばっても
その業界の大手のサイトより上位表示させることは
難しいのですが、Googleマイビジネスを使えば
無料で自社の情報を上位に表示させることができます。

飲食店のような店舗ビジネスだけではありません。

「横浜 鶴見 屋根修理」でも同じように
屋根工事業の中小企業が掲載されます。
デザイナーや経営コンサルタントも同じです。

Google広告よりは下に載りますが、
無料で掲載され、検索結果からはwebサイトや電話に
誘導できる便利な仕組みですので、ぜひ登録しましょう。

Google mapの検索でも表示されます。
下はGoogleMapsスマートフォンアプリでの検索結果画面です。

gmybusiness004.jpg
gmybusiness005.jpg

画面に大きく店内や料理の写真が出ます。

外出先で、どこかお店を探そうとするときに、
GoogleMapは広く使われています。

そのうえ、外出先でGoogleMapを見るときは、
そんなに下の方に掲載されている情報を見ないので、
上位に掲載されるかどうかは大きな差になります。

Googleマイビジネスに関する情報については、
今後も紹介していくつもりです。お楽しみに。

「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」展

おはようございます。中小企業診断士の山口達也です。
パナソニック汐留美術館で開催中の
「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」展のレポートです。

jp_moderndesign01.jpg

この展覧会では、
ブルーノ・タウト、井上房一郎、
レーモンド夫妻、剣持勇、
家具デザイナーのジョージ・ナカシマ、
彫刻家イサム・ノグチの7人に焦点を当てて、
彼らがデザインした1930~60年代の工芸品、家具、
建築の図面、模型、写真などを展示してます。

外国人が見出した日本建築の魅力や、
木、竹、籐を使った工芸の技術を活かした
優れたモダンデザインがたくさん見られます。

職人が図面なしで手作業でつくる工芸から、
図面をつくって大量生産するモダンデザインへ変化したことで、
消費者は安く、美しい製品を手に入れられるようになり、
社会は豊かになりました。

モダンデザインは、コストダウンできる作りやすさと
美しさ安価を両立させています。

展覧会では、彼らの交流や目指したデザインについて
知ることもできるので、プロダクトデザイナーだけでなく、
デザイン論や文化論に興味がある方にもお勧めです。

以下、展覧会概要です。主催者の文章を引用します。

1928年、初の国立デザイン指導機関として
仙台に商工省工芸指導所が設立され、
1933年には来日中のドイツ人建築家
ブルーノ・タウト(1880 ‒1938)が
顧問に招かれて剣持勇(1912‒1971)らの指導にあたります。

また建築家アントニン・レーモンド(1888‒1976)と
インテリア・デザイナー
ノエミ・レーモンド(1889‒1980)夫妻が、
高崎の芸術文化を支援する実業家
井上房一郎(1898‒1993)と出会ったのも同じ年でした。

翌年、井上はタウトを高崎に迎え、
銀座に出店した家具工芸店「ミラテス」で
タウトがデザインした工芸品を販売します。

この時代、世界そして日本各地で、
モダンデザインに託して新しい上質な暮らしを
夢見た人々の交流がありました。

近代産業と科学は大量生産を可能とし、
装飾美に代わって合理的な機能美を持つ
モダンデザインを生み出しました。

国際的に普及していくモダンデザインを、
日本の暮らし方や風土になじませようと模索する
日本の工芸関係者のまなざしと、
世界的な建築家やデザイナーが、
日本建築と意匠に近代性を見出した
まなざしは重なり合うものでした。

そのなかから、やがて機能主義に
おさまりきらない卓越した作品が生まれていきます。

かれらの夢は、戦後どのように育ち受け継がれたのでしょうか。

木、竹、籐などの加工技術の高さと
それらを活かした優れた意匠を楽しめる展覧会です。

イサム・ノグチの「あかりシリーズ」は
撮影が許されていました。

jp_moderndesign02.jpg

キュレーションもよかったと思いますし、
展示、ビジュアルも見やすくて
とても良い展覧会でした。

TOKYO MIDTOWN AWARD 2019

おはようございます。中小企業診断士の山口達也です。
東京ミッドタウンアワード2019のレポートです。

midtownaward201901.jpg

デザインコンペのテーマは「THE NEXT STANDARD」でした。
環境を意識した、次のスタンダードが求められました。

東京ミッドタウンデザインタッチで
受賞作品が展示されていました。

1016件の応募から10作品が受賞しました。

グランプリは「すべてティッシュでできたティッシュペーパー」です。
箱もティッシュとして使える製品の提案です。

midtownaward201902.jpg

私は「Toro Tissue Ring」
というプロダクトを知っているので、
(下の写真はMoMAで撮影したものです。)

MoMA16.jpg

グランプリには少し意外に思いましたが、
世の中として、箱なしのティッシュの売れ行きは
伸びているようですから、
時代の変化を捉えていると思います。

重みがないと取り出しにくいので、
そのあたりはどうなっているのか、
応募者や審査員から説明が欲しかったですね。

他に私が良いと思ったのは優秀賞の2作品です。

ひとつが「おみくず」です。

midtownaward201903.jpg

ペットボトルのラベルをはがすと、
おみくじになるしかけです。

midtownaward201904.jpg

ペットボトルのラベルを外すのが楽しくなる
デザインととても良いと思います。

もうひとつは「LINKAGE」というおもちゃです。

midtownaward201905.jpg

カードをひいて、カードの指示通りに、
指同士を棒で崩れないようにつないでいくゲームです。

コミュニケーションが深まりそうな新しいゲームです。

その他にも面白いデザインが受賞していました。

アートコンペでは優秀賞となった
「人工知能による顔の識別」に人だかりができて
注目を集めていました。

midtownaward201908.jpg

ボタンを押すと、鏡に映った人の顔・頭を
粘土で作る作品です。

midtownaward201906.jpg
midtownaward201907.jpg

20秒くらいでつくって、下にポイっと投げます。
思わず笑ってしまいます。

ご興味ある方はYouTubeをご覧ください。
https://youtu.be/lFMIgF3Mjuo

中に人が入っているようで
人工知能とは関係なさそうです。

作られた粘土の像は、鏡に映った人に
似ているわけでもありません。

オーディエンス賞でも断トツの人気で、
この作品に人が惹きつけられることから、
人間が機械やロボットに期待していることや
人間の好奇心を感じました。

Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2019(2)

おはようございます。中小企業診断士の山口達也です。
先週に続き、東京ミッドタウンデザインタッチ2019の
レポート後編です。

ミッドタウン・ガーデンでは「デザインの森」と題して、
いくつかの展示がありました。

disigntouch2019010.jpg

「六本木カラー渓谷」というインスタレーションは、
夜にライトアップで表情が変化したそうです。

「Moment」は、風の形を彫刻にしています。

disigntouch2019011.jpg
disigntouch2019012.jpg

「デザインのひろば」では子供が楽しそうに遊んでいました。

disigntouch2019013.jpg
disigntouch2019014.jpg
disigntouch2019015.jpg

芝生広場には、スイスの時計ブランド
Audemars Piguet(オーデマ ピゲ)の
展示パビリオン「時計以上の何か」がありました。

disigntouch2019016.jpg

予約なしだったので、並んで入場しました。

disigntouch2019018.jpg

ヴィンテージ時計やムーブメントの展示のほか、
デジタルアートもあって刺激的でした。
ブランド力向上に貢献したと思います。

disigntouch2019019.jpg
disigntouch2019020.jpg

特設webサイトはスマホで見ると、
オーディオガイドにもなりました。

disigntouch2019021.jpg

かなりお金のかかった展示ですが、
デザインタッチの中では一番見応えのある展示でした。

すべて無料で家族で気軽に楽しめるのがデザインタッチの魅力です。

Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2019(1)

おはようございます。中小企業診断士の山口達也です。
今日は昨年10月18日から11月4日まで開催された
東京ミッドタウンデザインタッチ2019のレポート前編です。

disigntouch2019001.jpg

デザインタッチでは、
先日ご紹介したグッドデザイン賞受賞展以外にも
さまざまなデザインイベントを行っています。

2019年のテーマは「FUSION/融合」でした。

disigntouch2019002.jpg

デザインと景色、サイエンス、遊びなどが
融合する新しい価値を探っています。
展示を紹介します。

東京ミッドタウンの入り口には、
「intree table(インツリーテーブル)」
という作品がありました。

disigntouch2019003.jpg

木の中にある机と椅子で、椅子は適度に揺れます。

disigntouch2019004.jpg

座ると、風で葉がそよぐ音がして心地よく、
樹木に囲まれながら、外と仕切られた空間で
座っている人と自然に笑顔で向き合えました。

ミッドタウン内では、
GOOD DESIGN STOREが今年もありました。

disigntouch2019006.jpg

先週ご紹介したロングライフデザインの商品も
販売されていました。

GOOD DESIGN STOREの向かいには、
パリのステーショナリーブランド「パピエティグル」と
福井のプロダクトブランド「モヘイム」の期間限定
ショップがありました。

disigntouch2019005.jpg
disigntouch2019017.jpg

色の美しい商品が多く、配色の魅力を考えると
セットでいろいろ買いたくなる商品でした。

ミラノサローネで活躍する
日本人デザイナーや日本企業の作品を紹介する
「Salone in Roppongi」では
柿木原政広さんの「Pieces」が展示されていました。

disigntouch2019007.jpg

丸いものをプレスで打ち抜いた「かけら」を
吊るす装飾のモビールに仕立てています。

disigntouch2019008.jpg

役に立たない、無駄だと思われている存在の価値を
問うている作品のようです。

他にもProdact Labの「Hanzoo!」という
手や指の動きを感じられる展示もありました。

disigntouch2019009.jpg

無料の展示ですがデザインをしっかり楽しめます。

レポート後編はまた次週に。

グッドデザイン・ロングライフデザイン賞2019

おはようございます。中小企業診断士の山口達也です。
今日の話題は2019年度の
グッドデザイン・ロングライフデザイン賞です。

lldisign201902.jpg

グッドデザイン・ロングライフデザイン賞は、
10年以上、使用者から支持を得ている商品やサービスで、
時代と共に変化する価値観を超えて、
スタンダードであり続ける力を持ったデザインを顕彰する賞です。

2019年度のロングライフデザイン賞は15件が受賞しました。

123件の審査から選ばれているので、
グッドデザイン賞よりも狭き門です。

lldisign201901.jpg

受賞したデザインを展示する
ロングライフデザイン賞受賞展は、
グッドデザイン賞受賞展と時を同じくして
2019年10月31日から11月4日にかけて、
21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー3で開催されました。

受賞したデザインをいくつかご紹介します。

三越の包装紙「華ひらく」です。
猪熊弦一郎さんと、やなせたかしさんのデザインです。

lldisign201903.jpg

三越の包装紙
https://mitsukoshi.mistore.jp/sogogift/wrapping/index.html

私は「華ひらく」が好きです。

折りたたまれていない包装紙だけを見ると、
いまひとつに見えるのですが、
商品を包むと上品で華があります。

さまざまなものを包んでも美しく見えるよう
デザインされていて、本当に素晴らしいデザインです。

大きさの異なる包装品を重ねたりすると、
同じ模様がただ繰り返されて、
下に置いた商品と同化して見えてしまうようなる
他店の包装紙とは違う、圧倒的な魅力があります。

続いて、ファミリアの新生児用肌着です。

lldisign201904.jpg

デザインのポイントは、
肌を刺激しないようタグや縫い目を外側にしたことや、
脇下のひもで身幅を調整できる打合せ型で
生後4か月頃まで着用できることです。

これらの点は、多くのメーカーが今では追随していて、
新生児用肌着のスタンダードになりました。

当然の受賞でしょう。

次は、アルネ・ヤコブセンがデザインした
「アリンコチェア」です。

lldisign201905.jpg

1952年にデザインされましたが、
座面と背を一枚の板で成形された最初のデザインです。

軽くてスタッキングでき、
座り心地や大量生産が考慮されています。

デンマークの有名なデザインのひとつです。

次は、フォント「Neue Frutiger(ノイエ ・フルティガー)」
1970年代に作られたフォント「Frutiger」の改刻版です。

lldisign201907.jpg

安心感のあるデザインです。
誰からも好かれるロングセラーでしょう。

こんなものも受賞しています。
「キューピー3分クッキング」です。
50年以上続く長寿番組です。

lldisign201906.jpg

最後にご紹介するのはこちらです。

lldisign201908.jpg

何も展示されていないと思われるでしょうが、
「ラジオ体操」です。

展示ケースは空で音が流れていました。

lldisign201909.jpg

謹賀新年2020 165万ページビュー突破!

あけましておめでとうございます。
中小企業診断士の山口達也です。

昨年は令和に元号が変わり、新しい時代になりました。

mouse2020.jpg

平成は中小企業の数が大きく減少しました。
現在は事業承継が大きな課題となっています。

世界に目を広げると、
経済活動に持続可能な社会への取り組みや、
株主第一の会社運営の修正が求められているように感じます。

人々の暮らしを支え、社会に貢献する
中小企業を懸命に支援してまいります。

今年は東京オリンピック、パラリンピックの年です。
楽しく、実りのある年にしたいです。

本年もよろしくお願いいたします。
posted by ブランド経営コンサルタント at 15:45Comment(0)お知らせ

2019年をブランドで振り返る(サブスクリプションとキャッシュレス)

おはようございます。中小企業診断士の山口達也です。
今年も残すところわずかとなりました。

今年はサブスクリプションとキャッシュレスが話題になりました。

サブスクリプションは、もともと雑誌や新聞などの定期購読を意味します。

近ごろは、NetflixやApple music、
マイクロソフトの「Office365」やAdobe Creative Cloudなどの
サービスが普及し始めました。

買って所有するのではなく、
月額料金でサービスを受ける契約です。

今年はインターネットを使わない事業でも
サブスクリプションのビジネスが注目されました。

kinto01.jpg

トヨタも今年「KINTO」というサブスクリプションの
サービスを始めました。
https://kinto-jp.com/

2019年2月5日トヨタのニュースリリース
https://global.toyota/jp/newsroom/corporate/26466090.html

KINTOは報道によると、契約が伸び悩んでいるようですが、
トヨタとしても「所有から利用」の流れに向けて
一歩踏み出してみたところでしょう。

MaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)への流れも
意識していると思われます。

中小企業でもサブスクリプションに取り組んでいます。

例えば、Toysub!(トイサブ!)
乳幼児の知育玩具のレンタルを行っています。
https://toysub.net/

toysub01.jpg

coffee mafia(コーヒーマフィア)では
会員になるとコーヒーが毎日飲めます。
http://coffeemafia.jp/

coffeemafia1.jpg

毎月、顧客に料金を払い続けてもらうのは
簡単ではありません。

サブスクリプションのビジネスを成功させるには、
工夫がいる事業も多いと思われます。

もうひとつの話題、キャッシュレス決済は
今年、当ブログでも何度も取り上げました。

私が訪問した、伊豆諸島の新島や神津島でも
今年はキャッシュレス決済が使える店が増えました。

scubacashless1.jpg
iketacashless1.jpg

こうして、サブスクリプションやキャッシュレスに
取り組んだ企業は、先進的、革新的、時流に乗る
ブランドイメージに寄与したと思います。

また、中小企業がキャッシュレス導入をして、
消費者還元に参加することが顧客満足の姿勢を示しました。

サブスクリプションとキャッシュレスを
もろ手を挙げて称賛したいわけでありません。

サブスクリプションとキャッシュレスにもデメリットはあります。

しかし、私は新しい試みに挑む企業が好きです。
また、キャッシュレス決済を導入しない店は避ける傾向があります。

中小の小売、サービス業では、キャッシュレス決済の有無で、
「新しい試みで不安だけど、
お客様がお得になるならやってみようという店」と、
「わからないし面倒だからやらないという店」
のイメージ分けがついたように思います。

ブランドでは、ロゴやネーミング、webサイトや
店舗の内外装などが注目されますが、
ブランドイメージは企業の姿勢からも生まれます。

今年も当ブログをご覧いただきありがとうございました。
良い年をお迎えくださいませ。

2019年をデザインで振り返る(ワークマンの躍進)

おはようございます。中小企業診断士の山口達也です。
2019年のデザインを振り返ります。

今年はワークマンの躍進が話題になりました。

workman01.jpg

ワークマンは、作業服や軍手、安全靴などを
販売していますが、業務用ではなく、
一般の個人客に向けて、スポーツウェアや
アウトドアウェアなどを商品開発して
販売したところ、高機能、低価格で人気を博しています。

昨年の9月には、作業着などを置かず、
一般個人客だけをターゲットとした
「ワークマンプラス」を出店したところ、
ワークマンの商品が大きな話題になりました。

ワークマンの既存店売上は前年から26%増えています。

ワークマンは長年ずっと右肩上がりで成長してきた
企業ですが、この1年あまりで多くの
マスメディアに取り上げられました。

ユニクロやニトリに続くと評価する声もあります。

ワークマンの商品は良いデザインです。

ファッションデザインとして異論もあるでしょうが、
トレンドを追わず、数年かけて定価で売り切る
デザインや、消費者の声を商品に反映させる姿勢は良いと思います。

ワークマンの商品は、
グッドデザイン賞も受賞していないようですが、
応募していないか、審査を通過しなかったのかは
私にはわかりません。

ただ、デザイン業界からよく聞かれる
「デザインは外観の美しさだけでなく、デザインの範囲は広い」
「経営にデザイナーを関与させるべき」
という意見に基づけば、デザイナーは
ワークマンから多くを学ぶべきです。

中小企業にとっては、
ワークマンのような大量生産のスケールメリットは
取り入れにくいですが、
業務用商品を消費者向け商品に
展開していく手本になります。

ワークマンの事業ではありませんが、
近年、人気のあるコインランドリーも、
家庭用洗濯機にない性能が喜ばれています。

また、家電や調理器具、デジタル一眼レフでも
プロレベルの性能の商品が
一般個人向けに販売されています。

限られた人だけが使う商品から、
多くの一般の個人が買うようになれば
生産数量は増えます。

高い商品開発力とデザイン力が
高機能と低コストを両立させるためには重要です。

高機能と低価格が両立している
ワークマンの躍進はまだ続きそうです。

グッドデザイン賞受賞展2019(5)

こんにちは。中小企業診断士の山口達也です。
グッドデザイン賞受賞展
(GOOD DESIGN EXHIBITION 2019)のレポート続編です。

gooddesign2019037.jpg

グッドデザイン・ベスト100には
入らなかったもののグッドデザイン賞を受賞した
デザインを紹介します。

gooddesign2019038.jpg

ここでは今年らしい受賞を紹介します。
今年はQRコード決済が大きく浸透した年になりました。

「Alipay Paybox R0」は、
アリペイのQRコード決済から
販売・在庫管理まで使える端末です。

gooddesign2019039.jpg

中国で使うもので、日本では使えないと思いますが、
こうした製品の応募もあります。

ライバルのテンセントも
「WeChat Scan&Go」を受賞しました。

gooddesign2019040.jpg

商品のバーコードを
自分のスマートフォンで読み込んで、
「WeChat Pay」で決済して完了です。
レジが要らなくなります。

LINEも「LINE Pay Terminal」で受賞しました。
https://pay.line.me/portal/jp/business/payment-service/device

gooddesign2019041.jpg

また、社内SNS、グループウェアである
「LINE WORKS」も受賞しています。

gooddesign2019045.jpg

ちなみに、同分野では「SLACK」が
グッドデザイン・ベスト100に選ばれています。

gooddesign2019042.jpg

以前、当ブログでご紹介したDeNAの「MOV」も受賞しました。
2019年02月19日:タクシー配車アプリMOV(モブ)で素早く移動
https://brand-design.seesaa.net/article/464211999.html

gooddesign2019043.jpg

最後にご紹介するのは「うんこミュージアム」。
展示やディスプレイの分野で受賞しました。

gooddesign2019044.jpg

グッドデザイン賞の範囲は広いです。