商標登録更新料を引き下げへ

今日は日本経済新聞からです。

日本経済新聞の本日(6月28日)の朝刊1面トップに
「特許料最大4割下げへ 特許庁方針」
の記事がありました。

速報として取り上げます。


記事によると、

経済産業省・特許庁は来年にも
特許保有者が毎年支払う料金(特許料)を
2~4割引き下げる方針だそうです。

商標権も下げ幅については今後詰めるものの、
引き下げる方針だそうです。

特許は4年ぶり、商標は現行制度が始まった
1997年以来初めての下げだそうです。


特許や商標については、
過去にこのブログで解説いています。

おさらいしたい方は、
「知的財産権」や「目次」のカテゴリの記事から
読んでくださいね。


本題に戻ります。

商標は10年ごとに登録更新料を支払っています。
登録料は1件あたり15万1千円×区分数です。


日経に掲載されている図によると、
特許保有者は、一つの特許に対し平均で17万円弱を、
商標権保有者は、平均約45万円を
支払って維持しています。

商標は約3つの区分を更新している
ということになるでしょうか。


特許料や商標登録更新料が下がると、
中小企業の知財戦略は、もっと活発になりますよね。

ブランド保護も活発になるでしょう。注目です。