バウハウス・デッサウ展

おはようございます。中小企業診断士の山口達也です。
今日はバウハウス・デッサウ展についてです。

バウハウス・デッサウ展は
東京藝術大学大学美術館で開催されています。

バウハウスはドイツの芸術学校です。

ナチスの影響もあって、1919年から1933年までの
短い期間しか開校していませんでしたが、

建築を最終目標として、幅広いデザイン教育・活動が
行われ、その影響は現在にも及んでいると言われています。

今回の展示会では、バウハウスがデッサウにあった
1925から1932年での活動が中心に展示されています。


行ってきましたが、大変面白いです。
1時間以上じっくり見入ってしまいました。

例によって館内撮影禁止のため、外だけの写真です。

バウハウス・デッサウ展01

バウハウス・デッサウ展02


デザインに詳しい人も、そうでない人も
多くを感じ、学べます。


デザインとは何か、デザインと社会、デザインと芸術、
デザインと技術、デザインと人間、が見えてきます。


デザインがいかに人を、経済を、文化を豊かにするか。
私は心打たれました。


私は美大、芸大の出身ではありませんが、
美大、芸大でどんなことをやっているかも
わかったような気がします。

平日ということもあり、社会人だけでなく学生も
多かったです。盛況でした。


デザイナーだけでなく、
経営者、技術者、設計者にも強くお勧めします。

谷原章介さんの音声ガイドも良かったです。

入館は午後4時30分まで、会期は7月21日までです。

バウハウス・デッサウ展
http://www.bauhaus-dessau.jp/