2008年のブランドを振り返る

おはようございます。中小企業診断士の山口達也です。
2008年も残りわずかです。
2008年のブランドを振り返りましょう。

話題は3つです。

10月、松下電器産業がパナソニックへ社名を変えました。
これに伴いナショナルブランドも廃止されました。

海外での販売に力を入れるため経営資源を集中させる戦略です。

1月の速報時に当ブログで取り上げましたが、
松下ほどの知名度を誇る企業であっても、
会社の経営戦略を実現させる最初のステップとして、
まず社名の見直しを行ったという事例として
語り告がれると思います。

1月14日の記事:松下がパナソニックに社名変更
http://brand-design.seesaa.net/article/78505069.html


2つ目の話題です。今年はプライベートブランド商品が躍進しました。
日経MJの2008年ヒット商品番付では西の横綱です。

原油や資源高が大きな問題になり、
特に上半期を中心にあらゆる商品が値上がりしました。

そんな中、消費者の生活防衛の動きとして、
ナショナルブランド(こちらは松下ではなくメーカーブランドを
指します)からプライベートブランド(販売業者のブランド)に
購買が移る流れがありました。

大手の小売業もかなり信頼されていて、
それなりのブランド力を持っています。

私もプライベートブランド商品をいくつか食べましたが、
おいしいものが多いです。売れるのも分かる気がします。

消費者のニーズに応える商品開発を今年は小売業がしたと言えます。


最後に、今年も食の安全の問題や
再生紙比率の偽装問題などがありました。

今年もこの話題に触れなくてはいけないのは、本当に残念です。

先日は、たけのこのパッケージに貼ってある
生産者の写真が偽者であるというニュースがありました。

実際に写真に写っている人は、偽装をした企業の従業員で、
たけのこの生産はしていないそうです。

厚顔無恥とは、まさにこのこと。

中国産のたけのこ、だったそうですが中国の方にも失礼な話です。

ニュースを見たらその社長は、テレビには顔を写さず
取材に応じていましたが皮肉としか言いようがありません。

謝罪するときこそ、顔を出したらと思いますよね。

人をだまして商売をするというのはブランド以前の問題です。

人から感謝されて、その対価としてお金をいただく、
そんな当たり前のことを真面目にがんばりたいですね。

次週は2008年のデザインを振り返ります。