2008年のデザインを振り返る

おはようございます。中小企業診断士の山口達也です。
今日は2008年のデザインを振り返りましょう。

12月3日付の日経MJが発表した
2008年ヒット商品番付では、東の横綱が
ユニクロとH&M(ヘネス・アンド・モーリッツ)でした。

ユニクロはブラトップやヒートテックが話題となり、
技術を活かした商品開発で、ヒットを飛ばしました。

ユニクロのブランド力やデザイン力について、
否定的な意見をおっしゃる方もいますが、
私はブランド力もデザイン力も大変高いと考えています。

H&Mは流行のデザインをいち早く取り入れたり、
著名デザイナーを起用したりして、話題を呼びました。
銀座店の行列は今も続いているのではないでしょうか。

この他、ヒット商品番付の前頭には
iQ(トヨタ自動車)
iPhone3G(アップル)
金のつぶ あらっ便利!(ミツカン)
があり、これらもデザインの良さが大きく評価されました。

iQはグッドデザイン大賞も受賞しました。
全長3m未満でも快適な室内で4人乗り、燃費もよいそうです。

iPhone3Gは触ると動きが楽しく、感覚を刺激する携帯電話です。

金のつぶ あらっ便利!は納豆パックの「たれ」を改善。
フィルムをなくし、たれ小袋を破る時にたれが指につく不満を
なくしました。
初めて知る方は下のリンクをご覧ください。
http://www.mizkan.co.jp/company/newsrelease/2008news/080818.html

私も食べましたが、かなり快適です。
こういうデザインって日本らしくて大好きです。

ウォシュレットを思い出しますが、
日本人らしさがにじみ出た商品だと思います。

デザインの良さなくしてヒットなし、と私は思っています。


また、今年はドコモがロゴデザインを変更しました。
このブログでも、このニュースを取り上げました。

4月28日:DoCoMoからdocomoへ
http://brand-design.seesaa.net/article/94917376.html
5月1日:ドコモのブランド戦略
http://brand-design.seesaa.net/article/95260062.html

その後の感想としては、デザイン変更して伝えたかった
新しいドコモがまだ伝わっていないように思います。

私は商品やCMを見ても、今までと何か変わりがないように
感じています。こちらはこれからに期待したいところです。


最後にJDBのインタラクションパーティーについて触れます。
今年の4月から9月にかけて、JDB(日本デザイン事業協同組合)が、
セミナーと参加者が交流できる立食パーティーを5回開催しました。

各界の第一人者による講演で学ぶものや刺激が多く、
5回すべてに参加させていただきました。
来場者も多く、とても好きだったのですが、
5回限りで終わってしまったことは残念でした。

しかし、今年のデザインを語る上で大きな価値のあった
イベントであり、ここにJDB様への感謝とともに
5回のテーマをご紹介させていただきます。復活を望んでいます!

第1回「東京ミッドタウンにとって、デザインとはどんな意味を持ち、
これから何を目指すのか」東京ミッドタウン社長 市川俊英氏

第2回「CI戦略とブランド戦略、一体どこが違うのか?」
HAKUHODO DESIGN社長 永井一史氏
グラムコ社長 山田敦郎氏

第3回「2008年Webデザイン賞受賞作品、一体どこが評価されたのか?」
イクリプス社長 日野水穂氏ほかゲスト数名

第4回「デザインの哲学と教育に革命をもたらしたバウハウスの
今日的意義」デザイン評論家 柏木博氏 宮下誠氏

第5回「ベネッセアートサイト直島は、なぜ生まれ、どう育ち、
経営にどう寄与しているのか?」
ベネッセコーポレーション会長 福武總一郎氏

今年一年、最後まで当ブログをご覧くださり、
本当にありがとうございました。
どうぞよいお年をお迎えくださいませ。