かわさき産業デザインコンペ2011

おはようございます。中小企業診断士の山口達也です。

1月31日に「かわさき産業デザインコンペ2011」の
公開審査会がかながわサイエンスパークで行われました。

かわさきデザインコンペ.jpg

川崎市内の企業が提示する課題にデザイナーが応募し、
1次審査を通過したデザイン案を、デザイナーが
企業の協力を受けて制作したモックアップにしています。

モックアップを見ながら最終審査するイベントです。

今年も172点の応募がありました。

課題提示をする協賛企業や応募件数も増えて、
ますますにぎわいのあるコンペになってきました。

グランプリは「String Strainer 目詰まりのないザル」です。
大村卓さんは見事、昨年に続きコンペ2連覇となりました。
おめでとうございます。

目詰まりのないザル.jpg
stringstrainer.jpg

プラスチック成型が難しいようですが、
利便性や完成度が高い提案だと思います。

評価を丁寧に重ねたデザインプロセスや着眼点も素晴らしく、
納得のグランプリでしょう。

優秀賞となった3作品のうち、
「組み合わせ方により、さまざまな遊びができる運動用マット」
と「ヒナンおたすけ君」(避難用降下補助装置)
も面白い提案でした。

運動用マット.jpg

運動用マットはアイデアが面白く、創造性も刺激する
デザインコンセプトがとてもよかったです。

降下補助装置は安心感のあるデザインが良く、
商品化のニーズも感じられます。

降下補助装置.jpg

両方とも体を預ける商品で、商品化に向けて
デザイン改良の余地は感じられましたが、
優秀賞にふさわしい提案でした。

毎年楽しみに参加しています。また来年も参加したいです。

(参考)過去の記事
かわさき産業デザインコンペ2008
http://brand-design.seesaa.net/article/113920432.html
かわさき産業デザインコンペ2009
http://brand-design.seesaa.net/article/140546071.html
かわさき産業デザインコンペ2010
http://brand-design.seesaa.net/article/185197655.html