ブランド・エクイティ戦略

おはようございます。中小企業診断士の山口達也です。
今日は書籍の紹介をします。

「ブランド・エクイティ戦略
競争優位をつくりだす名前、シンボル、スローガン」
ダイヤモンド社、著者はデービッド・A. アーカー教授です。

ブランド・エクイティ戦略.jpg

1991年に書かれた本書をきっかけに、経営において
ブランドが着目されるようになったと言ってよいでしょう。

日本のデザイン業界でも、バブル期に流行したCIから、
ブランドの時代に変わったと言われるほどです。

ブランドがCIに変わるものという考え方には賛成しませんが、
90年代以降、ブランドの重要性が認識され、
研究が進んだことは間違いありません。

「ブランド・エクイティとは、ブランド、その名前やシンボルと
結びついたブランドの資産と負債の集合である。」
本書では説いています。

ブランド・エクイティとは簡単にいえばブランド価値のことです。

このブランド・エクイティは次の5つの要素から形成されると
主張しています。

ブランド・ロイヤルティ、認知、知覚品質、ブランド連想、
その他の特許や商標、チャネルなどの資産、です。

ブランド・エクイティを増やすために、先ほど挙げた要素を
どのように捉え、どう行動すべきかを豊富な企業事例を元に
まとめています。

ブランドネームやブランド拡張、グローバルブランドまで、
書かれているテーマの幅は広いです。

当時ここまでまとめられた本はなかったと思いますし、
現在のブランド理論との違いが大きくないことを考えると、
その完成度の高さは素晴らしいです。

日本語訳がやや読みにくいのが残念ですが、
ブランド理論をしっかり学びたい方には
チャレンジする価値のある一冊です。