売れるデザインの新鉄則30

おはようございます。中小企業診断士の山口達也です。
今日は書籍のご紹介です。

「売れるデザインの新鉄則30」
日経BP社、日経デザイン編
http://ec.nikkeibp.co.jp/item/books/192920.html

新鉄則.jpg

パッケージデザインに消費者調査を基に、売れるデザインは
どのようなものか、法則として抽出したものです。

20~34歳を「若年」
35~49歳を「中年」
50歳以上を「シニア」

と分類し、さらに男女を分けて法則を導いています。

関東と関西の違いや、ネーミング、音感について
書かれたページもあります。

題材として取り上げられているのは、食品のパッケージが
多いのですが、他のデザインに十分応用できる内容です。

載っているデザインはそのまま真似できませんが、
法則なら活かせます。

中小企業では消費者調査にお金をかけられないので、
どのようなデザインにしようか考えるときに
新鉄則を元に仮説を立ててデザインができます。

全編カラーでないのが残念ですが、価格の関係で仕方ないです。

マーケティングリサーチの通りにビジネスをやっても
うまくいくとは限りませんから、
あくまで参考データとするのがよいです。

しかし、リサーチに資金をかけられない中小企業は、
デザインを感覚だけでなく、データを参考にする合理性も
考慮した方が成功確率は上がります。

鉄則21:シニア男性は「情」で、女性は「理」で攻めよ
は私も意外でした。思っていたものとは違う結論でした。

中小企業経営者の方も、自身が思うものと違う
セオリーが鉄則にあるかもしれません。

デザインの参考になる一冊です。