デザイン先進県の富山県

おはようございます。中小企業診断士の山口達也です。
今日は富山県のデザインの取り組みについてです。

富山県はデザイン支援での先進県です。

1988年に「富山インダストリアルデザインセンター」
を開設し、
1993年にはソニーOBの黒木靖夫氏を所長に迎えました。

1999年に現在の富山県総合デザインセンター
になっています。

「富山デザインコンペティション」やセミナーを開催し、
相談窓口、ライブラリーなども設置しています。

ハード面では、3次元設計ソフトや3Dプリンター、
切削加工機、造形機などの試作品を作る機器を
デザインセンターに備えています。

デザイナーとのマッチングや販路開拓支援などの
取り組みも機関誌に記されています。

本当に総合的に支援しています。

機関誌「Offer」やデザインウエーブ報告書は、
中身やデザインも素晴らしく、
継続した努力の積み重ねが感じられます。

富山県総合デザインセンターの機関誌「Offer」
デザインウエーブ報告書

他県も見習ってほしいです。

このような地道な足腰を強くする支援は、
長期的な産業振興にかなり有効です。

商品開発はパッと成功するほど簡単ではありませんので、
支援がすぐにヒット商品に結びつかないことも多いです。

しかし、商品開発や販路開拓のプロセスやノウハウが
中小企業や支援者に蓄積されていくことが大きいです。

どんどん精度が上がって、
成功確率が高まっていくんですね。

国際競争力の強化にもつながります。

私もいつか、富山デザインコンペティションの
審査会に行きたいです。