日経デザイン「中小企業にデザインの力を!」

おはようございます。中小企業診断士の山口達也です。
今日は日経デザイン7月号についてです。
特集は「中小企業にデザインの力を!」です。

nd20160701.jpg

デザインに注力している中小企業が取り上げられています。

それぞれの企業の取り組みは異なり、
うまくいったポイントもひとつに
まとめられているわけではありません。

事例に関心のある中小企業には、ぴったりの特集です。

いろいろな気付きや感想があると思いますが、
私は外部デザイナーの活用の難しさを感じました。

次のような事例が掲載されています。

外部のデザイナーに依頼したことがあるが、
商品への思いが十分に表現できていないと感じて、
社長自らIllustratorやPhotoshopのソフトの使い方を
習得してパッケージデザインをした食品製造業。

過去にラベルをデザイナーに依頼したことが
数回あったが、いずれも想像の範囲内だった。
別のデザイナーとの出会いから
想像を超えたデザインが生まれた食品製造業。

CI(コーポレートアイデンティティ)や
ブランド戦略を推進するなかで、
インハウスデザイナーを採用して
デザイン部門を立ち上げ、広報に力をいれる製造業。

単にデザイナーに依頼すればうまくいくほど
簡単ではないと、あらためて感じます。

妥協なきデザインへの思いを中小企業が持って、
外部のデザイナーを何人も探したり、
自らデザイン技術を学んだりしています。

また、デザイナーの「作品」にならないために、
どの販路にどれくらい売るかという
提案ができるプロダクトデザイナーが
求められていることも感じました。

6月号はデザインの価格に関する特集でしたが、
7月号を読むと、応え切れていないニーズが
すこし見えるような気がしました。