ピナコテーク・デア・モデルネは4館が一体となった複合美術館

おはようございます。中小企業診断士の山口達也です。

昨年夏のドイツのベルリン視察の報告は
すでに書きましたが、
ミュンヘン編をこれから記します。

pinakothek-der-moderne01.jpg

まずはピナコテーク・デア・モデルネからです。
https://www.pinakothek.de/besuch/pinakothek-der-moderne
ピナコテーク・デア・モデルネ日本語ホームページ
https://www.pinakothek.de/ja

pinakothek-der-moderne02.jpg

ピナコテーク・デア・モデルネ
(Pinakothek der Moderne)は
次の4つの美術館が一緒になった施設です。

ミュンヘン工科大学建築ミュージアム
ミュンヘン版画館
バイエルン州立現代美術館
ディ・ノイエ・ザムルング(デザインミュージアム)

pinakothek-der-moderne03.jpg

20世紀と21世紀の芸術、建築、デザインを
収集、展示しています。

入場料10ユーロで
4つの美術館すべてを見られます。

建築や版画の展示は地上階の東側です。

建築や版画の展示面積は、
現代美術やデザインより小さいです。

コンテンポラリーアートは2階の東側に展示されていました。
アンディ・ウォーホルなどがあります。

ここでの「コンテンポラリーアート」は、主に
20世紀後半から現在にかけての作品という感じです。

pinakothek-der-moderne09.jpg
pinakothek-der-moderne04.jpg
pinakothek-der-moderne05.jpg
pinakothek-der-moderne06.jpg

2階の西側には、クラシカルモダニズムとして
キュビズムやシュルレアリスムなどが展示されています。
(20世紀前半が多めでしょうか)

具体的な芸術家としては、ピカソやダリ、
バウハウスで教鞭を取ったファイニンガー、
シュレンマー、クレーなどです。

下は写真はフランシス・ベーコンの作品です。
pinakothek-der-moderne08.jpg

ドイツでは有名らしい、ヨーゼフ・ボイスも
多く展示されていました。

pinakothek-der-moderne07.jpg

当然のことながら、ドイツ、欧州の作品を多く展示しています。

以下のURLから展示作品の一部を見られます。
https://www.pinakothek.de/sammlung/rundgang-pinakothek-der-moderne

2階建てなのでMoMAやポンピドゥーセンターより
展示面積は小さく感じましたが、
現在美術、デザイン、建築、版画の
4分野は見ごたえがあります。

デザインは地下に展示されています。
来週ご紹介します。

ポンピドゥーセンター(フランス国立近代美術館)は
企画展が目立ち、収蔵作品の展示替えもよく行われますが、
ピナコテーク・デア・モデルネは常設展が充実しています。

私は常設展を中心に鑑賞しましたが、
鑑賞時間は1~2時間を見ておきたいです。

日本とは異なり、美術作品の解説文はないので
早く見て回れます。
(ドイツ語で書いてあっても読みこなすのは難しいですが)

現代美術館は、奇抜だったり、外に彫刻があったり、
にぎやかで刺激的な美術館も少なくありませんが、
ピナコテーク・デア・モデルネは、
ひとつひとつの作品をじっくり鑑賞できる雰囲気です。