ディ・ノイエ・ザムルング(Die Neue Sammlung)前編

おはようございます。中小企業診断士の山口達也です。
ディ・ノイエ・ザムルング(Die Neue Sammlung)のレポートです。

die-neue-sammlung01.jpg

1907年からデザインの収集を行っている
デザインミュージアムです。

1929年に開館したMoMA(ニューヨーク近代美術館)より
歴史があります。

ディ・ノイエ・ザムルングは
ピナコテーク・デア・モデルネの地下にあります。
ニュルンベルクやヴァイデンにも別館があります。

ピナコテーク・デア・モデルネの入場料を払うと、
黄色いリストバンドが渡されました。

pinakothek-der-moderne10.jpg

このリストバンドをつけて、ディ・ノイエ・ザムルングや
先週ご紹介した3つの美術館の展示に入場します。

die-neue-sammlung02.jpg

階段の踊り場のオブジェはザハ・ハディドの作品らしいです。

「デザインビジョン」として選りすぐりが
いきなり最初に展示されています。

die-neue-sammlung04.jpg

倉俣史朗の「How high the moon」もありました。
die-neue-sammlung03.jpg

産業デザイン、プロダクトデザインの
収集、展示が充実しています。

ソニーのテレビ、プレイステーション、AIBO、iMacが
展示されていました。

die-neue-sammlung05.jpg
die-neue-sammlung06.jpg

壷や日用品の展示もあります。
die-neue-sammlung09.jpg

展示の近くには、商品名、制作年、デザイナー名、
企業名などが書いてあるだけです。

そのデザインの時代背景などの解説文があったら
嬉しいのですが、オーディオガイドを借りたら
聞けるかもしれません。

ただ、オーディオガイドを聞いている人を見かけませんでした。

ミュンヘン、ニュルンベルク、ヴァイデンの3館にわたる
世界屈指のデザインミュージアムですので、
つい欲張ってしまいます。

展示品はこの100年あまりの世界の一級品ばかりです。
レポートは来週に続きます。