「時」に生きるイタリア・デザイン

こんばんは。中小企業診断士の山口達也です。
今日は書籍のご紹介です。

時に生きるイタリアデザイン.jpg

「時」に生きるイタリア・デザイン
佐藤 和子 三田出版会

1995年の出版で中古でしか手に入らないと思いますが、
イタリアのデザイン史として一級の資料となる一冊です。

著者は、ミラノでインダストリアルデザイナーや
デザインジャーナリストとして活動されました。

序文では
「人生の楽しさを創造すること、それがイタリアのデザインだ。」
「イタリアのインダストリアル・デザインは、常に工業と職人工芸が共存して発展してきた。」
と述べています。

本文を読み進めるとイタリアのデザインのルーツ、
イタリア人のデザインへの考え方などがわかります。

例えば以下のことが詳細に記されています。

・建築とインテリアを一体としてデザインしてきた
・1930年代から1990年代のイタリアのデザインの歴史と変遷
・ミラノ・トリエンナーレの始まり
・ミラノ・トリエンナーレの中断
・1961年のイタリア家具サロン(ミラノサローネ)の始まり
・建築・デザイン誌ドムス(DOMUS)について
・優れたデザインを表彰する「コンパッソ・ドーロ賞」が
百貨店リナシェンテを中心に作られたことなど

366ページもあり、他にも多くのことが書かれています。

デザインへの哲学、デザインのコンセプトを
大切にする方は、読んでみてはいかがでしょうか。
発見があると思います。

エットレ・ソットサスへのインタビューもあります。
かなり読み応えのある書籍です。