グッゲンハイム・ビルバオ美術館は川岸の豊かな建築

おはようございます。中小企業診断士の山口達也です。
この夏にスペインを訪問しました。
スペインのデザイン・アートをレポートします。

今日はグッゲンハイム・ビルバオ美術館のレポートです。

bilbao01.jpg

グッゲンハイム・ビルバオ美術館は
スペインの北部、バスク地方の都市ビルバオにあります。

ビルバオは港湾・工業都市として発展しましたが、
1980年代に衰退してしまいました。

都市の再生計画プロジェクトの一環で
グッゲンハイム美術館を誘致し、
フランク・ゲーリーの建築で1997年に開館しました。

bilbao02.jpg
bilbao03.jpg

チタンで帆船のような複雑な曲面をもつ建築です。

いまはこの美術館目当てに世界から観光客が集まり、
年間100万人が訪れるそうです。
都市の再生モデルとして世界に知られています。

bilbao04.jpg

グッゲンハイム・ビルバオ美術館は、
展示作品もよいのですが、
この建築デザインそのものが最大の見どころでしょう。

bilbao05.jpg

建物内部3階から撮影した天井です。
吹き抜けの高さは50mあるそうです。

joanavasconcelosegeria.jpg

真ん中の作品、Joana Vasconcelosの「Egeria」に目がいきますが、
外から建物内に差す光や、建物の形状、
ガラスから透けて見える壁やエレベーターや空は変化に富み
まるで回遊式の庭園のように歩くと風景が変わり、
美術館内を歩く楽しみがあります。

bilbao06.jpg
bilbao07.jpg

この建築に合わせて芸術作品や、
触発された作品も多く生まれたと思います。

建物の形と大きさの迫力、
うねる曲面が反射する豊かな光は
川岸の立地を生かしています。

bilbao08.jpg

ビルバオは曇りや雨が多いです。
晴れた日に行けたら幸運ですね。

次週は展示作品などをご紹介します。