パセオ・デル・アルテでプラド美術館へ

おはようございます。中小企業診断士の山口達也です。
スペイン、マドリッドのプラド美術館のレポートです。

プラド美術館は世界でも指折りの美術館です。
1819年に王立美術館として開館し、
スペイン王家のコレクションが展示されています。

prado01.jpg

12世紀から19世紀にかけてのスペインや
フランドル地方やイタリア、欧州各地の絵画が展示されています。

特にスペイン画家の巨匠、
エル・グレコ、ベラスケス、ゴヤの
3人の作品をたくさん見られます。

prado02.jpg

プラド美術館の正面にはベラスケスの像があります。
建物正面は修復中でした。

写真はゴヤ像です。
正面から左に回った入場券売場の近くにあります。

goya03.jpg

私は「Paseo del Arte」(パセオ・デル・アルテ)で入場しました。

パセオ・デル・アルテは、
プラド美術館、ティッセン・ボルネミッサ美術館、
ソフィア王妃芸術センターの3館セット入場券です。
29.6ユーロです。

paseodelarte01.jpg

3館の入場料は、プラド美術館が15ユーロ、
ティッセン・ボルネミッサ美術館は12ユーロ、
ソフィア王妃芸術センターは10ユーロなので、
7.4ユーロお得です。

チケットは1年間有効なので同じ日に行く必要はありません。

パセオ・デル・アルテの注意点は、
ティッセン・ボルネミッサ美術館では
パーマネントコレクション(常設展)だけが見られます。
企画展は見られないので注意です。

私はソフィア王妃芸術センターを
一番初めに訪問して
ソフィア王妃芸術センターで買いました。

プラド美術館はチケット売り場が
混んでいることもあるみたいなので、
ティッセン・ボルネミッサ美術館か
ソフィア王妃芸術センターで買うのもよいでしょう。

prado04.jpg

写真は平日15時のプラド美術館の入場券売場です。
入場券を買う列はありませんでした。
12時には少し人が並んでいました。

入場券のある人は、ベラスケス像のある正面から
左にぐるっと裏手にまわったところから入場します。

prado05.jpg

展示室は撮影禁止なので、
館内写真は入口からの写真だけです。
リュックサックなどの荷物はロッカーに預けます。

エル・グレコ「正三位一体」「羊飼いの礼拝」
ディエゴ・ベラスケス「ラス・メニーナス」
フランシスコ・デ・ゴヤ「マドリッド、1808年5月3日の銃殺」「着衣のマハ」「裸のマハ」

他にもデューラー、ラファエロ、ティツィアーノ、ルーベンスほか巨匠の作品がたくさんあります。
圧巻です。

有名な作品は以下のURLからご覧ください。
https://www.museodelprado.es/en/mi-prado/recorridos-recomendados

プラド美術館には日本語の美術館ガイドがあります。
表紙の絵はエル・グレコの「胸に手をあてた貴人の肖像」です。

prado06.jpg

日本語のオーディオガイドもあります(6ユーロ)。

プラド美術館は大きく、35000点の作品を収蔵し、
常設展だけでも1300作品展示されているらしいので、
すべての作品を見るのは困難です。

オーディオガイドの対象も注目の作品だけですが、
すべて聞いて鑑賞したら丸一日かかるでしょう。

素晴らしい作品ばかりなので、駆け足で見るよりも
気になった作品をじっくり鑑賞した方がよいと思います。

約800年間の西洋絵画の粋を集めており、
歴史や表現手法の幅や厚みを感じます。

ヘロニモス館がビリャヌエバ館(本館)に隣接しており、
企画展が行われていました。

ヘロモニス館の展示は小さく、
ビリャヌエバ館と一緒に無料で見られますので
時間が許せば立ち寄るとよいでしょう。

カフェとミュージアムショップもあります。