ピカソの名画ゲルニカが展示されているソフィア王妃芸術センター

おはようございます。中小企業診断士の山口達也です。
マドリッドのソフィア王妃芸術センターをご紹介します。

ソフィア王妃芸術センター01.jpg

20世紀以降の近現代美術を収集、展示しています。
1992年に開館しました。

サバティーニ館とヌーベル館の2つの建物からなります。
上の写真はサバティーニ館です。

ソフィア王妃芸術センター10.jpg
ソフィア王妃芸術センター09.jpg
英語版の美術館案内です。

常設展、ピカソ、ダリ、ミロなどの作品は
サバティーニ館の2階、4階にあります。

ソフィア王妃芸術センター02.jpg
ソフィア王妃芸術センター03.jpg
ソフィア王妃芸術センター04.jpg

もともと病院だった建物だったようで、
中庭からの光が差す廊下は
明るく開放感がありました。

ソフィア王妃芸術センター05.jpg

ゲルニカのあるRoom206は撮影禁止です。
ミュージアムショップで買ったマグネットでお許しを。

ゲルニカ06.jpg

本物は高さ3.49m、幅7.77mの大きな作品です。
ゲルニカの前には多くの人がいて、じっくり見ていました。
私も見入ってしまいました。反戦平和を訴える名画です。

Room206はゲルニカの展示室の他にも部屋があり、
オスカーシュレンマーの作品や
シュルレアリスムのコレクションがありました。

下の写真は企画展です。
企画展は5~6つは実施されていて現代美術を楽しめます。
広いので見ごたえがあります。

ソフィア王妃芸術センター07.jpg

ヌーベル館はサバティーニ館と廊下がつながっています。
ヌーベル館にもCollection 3(常設展)がありました。

ソフィア王妃芸術センター08.jpg

現代アートの展示で、作品の解説もあまりありませんが、
じっくり鑑賞して、鑑賞者が作品から何を感じるかを
考えると観念を刺激されます。

ピカソ、ダリ、ミロのあるソフィア王妃芸術センターは
考えれば考えるほど、さまざまな物の見方が感じられる美術館です。