ティッセン・ボルネミッサ美術館も素晴らしかった

こんばんは。中小企業診断士の山口達也です。
ティッセン・ボルネミッサ美術館のご紹介です。

ティッセンボルネミッサ01.jpg

ティッセン‐ボルネミッサ美術館は、
ハインリッヒ ティッセン・ボルネミッサ男爵と
ハンス ハインリッヒ ティッセン・ボルネミッサ男爵の
親子2代のコレクションがもとになっています。

スペイン政府が作品を買い取り、
ビリャエルモサ宮殿を改装して1992年に開館しました。
プラド美術館の斜め向かいにあります。

最上階の2階(日本でいう3階)から鑑賞すると、
時代の流れに沿って楽しめます。

ティッセンボルネミッサ03.jpg

15世紀からの20世紀までの西洋絵画があります。

主にイタリア、オランダ、ドイツ、スペイン、
アメリカ、フランドルの絵画があります。

ビットレ カルパッチョ「若き紳士」
ティッセンボルネミッサ04.jpg

レンブラント「帽子と2本の鎖を身に着けた自画像」
ティッセンボルネミッサ05.jpg

芸術運動では、ルネサンス、バロック、
印象派、フォービズム、キュビズム、
シュルレアリスム、ポップアートなどがあります。

肖像画や風景画が多いです。

ゴッホ「オーヴェルの風景」
ティッセンボルネミッサ06.jpg

アンドレ ドラン「ウォータールーの橋」
ティッセンボルネミッサ07.jpg

ロイ・リキテンスタイン「入浴中の女」
ティッセンボルネミッサ08.jpg

日本語の美術館ガイドと
オーディオガイドもあります。
じっくり楽しめます。

日本語ガイドへのリンク
https://www.museothyssen.org/sites/default/files/document/2017-03/Folleto_JAPONES_ES.pdf

ティッセンボルネミッサ02.jpg

ちなみにガイドの表紙の絵は、ドメニコ ギルランダイオの
「ジョバンナ ジョヴァンナ・トルナブオーニの肖像」です。

息子のハンス ハインリヒ ティッセン・ボルネミッサ男爵の
妻カルメンのコレクション、
カルメン ティッセン‐ボルネミッサ コレクション
も増築して加わりました。

ティッセンボルネミッサ09.jpg

私の訪問時には、さらに2つの特別展が開催されていました。

ハンガリー系フランス人のアーティストの
ヴィクトル・ヴァザルリの特別展と、
クロード・モネとその師匠、ウジェーヌ・ブーダンの特別展です。

「ヴィクトル・ヴァザルリ:オプ・アートの誕生」展
https://www.museothyssen.org/en/exposiciones/victor-vasarely-birth-op-art
ティッセンボルネミッサ10.jpg
ティッセンボルネミッサ11.jpg

「モネ/ブーダン」展
https://www.museothyssen.org/en/exposiciones/monetboudin
ティッセンボルネミッサ12.jpg

2週前にご紹介した
Paseo del Arte(パセオ・デル・アルテ)では
特別展は見られません。

今回は時間もなかったので特別展はあきらめました。

ただ常設展だけでも2時間は鑑賞しました。
見ごたえは十分にあります。
作品数はおよそ1000点あるそうです。

プラド美術館の陰に隠れがちですが、
先週ご紹介したソフィア王妃芸術センターと、
ティッセン・ボルネミッサ美術館もとても素晴らしかったです。
両館ともお勧めします。

美術館に隣接するカフェレストランも
よい雰囲気で、美味しかったです。
ティッセンボルネミッサ13.jpg