47都道府県のデザイン旅行

おはようございます。中小企業診断士の山口達也です。

今日は、渋谷ヒカリエの「8/」の
d47MUSIUM(でぃーよんななみゅーじあむ)で、
開催されていた「47都道府県のデザイン旅行」のレポートです。

d47museum.jpg

たいへん興味深い内容でした。

多くの方に見ていただきたい内容で、
会期が1カ月で終わってしまったのが残念なくらいです。

この会場には47の机が置いてあり、テーマに合わせて、
それぞれの机に47都道府県の展示が行われます。

47都道府県のデザイン旅行.jpg

今回はその地域らしさを感じる、観光、食事、カフェ、
買物、宿泊、人の6つを47都道府県から集めて展示しています。

何を送ってもらうかは主催者が決めるのではなく、
依頼した方にお任せしたようです。

d47MUSIUMのディレクターはナガオカケンメイさんです。

47×6を探して見つけて、それぞれに展示をお願いするという
相当な手間を必要とする展覧会です。

企画して、それを実現したのはすごいことです。

それぞれの机を見ると、その県らしさが
なんとなく伝わってくるような感じを受けます。

選ばれた展示物も、風土や文化、こだわりを
感じさせるものばかりで、
見ているだけで本当に旅したくなりました。

会場に行く前はそんな気持ちになるとは思いませんでしたが、
気持ちの変化に驚きました。

それだけ展示物のデザインが発する力と、
それらを選んだ人の力が優れていたのでしょう。

観光業界や紀行誌は大いに参考にすべき展覧会でした。

尋ねたら一部を除き撮影OKということでしたので、
私が住む神奈川県の写真も撮りました。

神奈川デザイン.jpg

横浜トリエンナーレや湘南スタイル、
SUNSHINE+CLOUDのシャツがありますね。

神奈川は海の県の要素が強いのでしょう。

会場で配布されたパンフレットも、でしゃばりすぎず、
うまく整理した良いデザインでした。

ペーパー.jpg

採算がとれる展覧会には見えないのですが、
ヒカリエが文化や情報の発信拠点になるためのフロア
ということでしょう。

同じフロアにはd47食堂やデザインストアがあって、
一部は展示物を買ったり、食べたりすることもできました。
こちらも盛況でした。

今後の展覧会にも期待したいです。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック