ロンドン市民に人気のテートモダン(1)

おはようございます。中小企業診断士の山口達也です。
今日はロンドンのテートモダンのご紹介です。

テートモダン01.jpg

もともとは発電所だった建物を改装して作った
現代アートの美術館です。

2000年に開館しました。
クレーンが写っています。増築しているようです。

建物内は大きな吹き抜けになっています。

テートモダン02.jpg

無機質で重厚感がある建物ですが、
各階はかしこまった雰囲気ではありません。

館内には気軽に遊びに来た感じの人も多いです。

テートモダン05.jpg
テートモダン03.jpg

テートモダンの入場料は無料です。
(寄付金箱はあります。できるだけ協力しましょう。)

館内の案内図は1ポンドです。

テートモダン04.jpg

最上階にあるレストランも、
それほど堅い雰囲気ではありません。

レストランの隣のカフェからテムズ川を望むと
セントポール大聖堂やシティの街がきれいに見えます。

テートモダン06.jpg

夕暮れのロンドンも美しかったです。

エスプレッソバーやミュージアムショップもあります。
ショップは結構広いです。

テートモダン07.jpg
テートモダン08.jpg

入場無料でこのロケーションですから、結構にぎわっています。
テートブリテンのような落ち着いた美術館とは違います。

芸術鑑賞と意気込まなくても、
テムズ川沿いを散歩していて、コーヒーを飲みたくなったから
ちょっと入ってみるような感じで、
市民が気軽に芸術に接することができる施設です。

次回はテートモダンの作品をご紹介します!

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック