東大門デザインプラザ(DDP)

おはようございます。中小企業診断士の山口達也です。
春に韓国のデザインと美術の視察に行きました。

今日は東大門(トンデムン)デザインプラザ(DDP)をご紹介します。
http://www.ddp.or.kr

東大門デザインプラザ01.jpg

webサイトやパンフレットには日本語版があります。
東大門デザインプラザ04.jpg

東大門デザインプラザは2014年3月21日に開館しました。

DDPは、より良い社会を創造し夢見て(Dream)、
クリエイティブマインドを実現しデザインして(Design)、
多様なライフスタイルを具現して楽しむ(Play)、
というコンセプトの施設です。

東大門デザインプラザ02.jpg

ソウルの東大門の近くにあります。
東大門歴史文化公園駅から直結しています。

東大門デザインプラザ03.jpg

東大門デザインプラザは建築家ザハ・ハディドさんのデザインです。

東大門デザインプラザ05.jpg

東京の新しい国立競技場のデザインで話題になっているので、
ご存じの方もいらっしゃると思います。

東大門デザインプラザもかなり個性的な建築です。

東大門デザインプラザ06.jpg

建築がまず気になると思いますので、
施設の中身より先にお伝えします。

建物面積25,008平方メートル、地下3階、地上4階の建物で、
45,133枚のそれぞれ形の違う外装アルミパネルで
覆われています。
(東京ドームの建築面積は46,755平方メートル)

柱は少ないようで、かなりの難工事だったようです。
建物の維持費もかなりの金額になりそうです。

運営はソウルデザイン財団が行っています。
ソウル市からも補助を受けているかもしれません。
現代(ヒュンダイ)が大きなスポンサーになっているようです。

施設の中身は次回以降にお伝えします。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック