2021年をブランドで振り返る

おはようございます。中小企業診断士の山口達也です。
2021年をブランドで振り返ります。

今年はSDGsやLGBTQ+を耳にする機会が多くなりました。
中小企業も経営にプラスになると考えたいテーマです。

SDGsは「持続可能な開発目標」として国連で採択された目標です。
以下の17のゴールがあり、
地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。

SDGs.jpg
1.貧困をなくそう
2.飢餓をゼロに
3.すべての人に健康と福祉を
4.質の高い教育をみんなに
5.ジェンダー平等を実現しよう
6.安全な水とトイレを世界中に
7.エネルギーをみんなに そしてクリーンに
8.働きがいも経済成長も
9.産業と技術革新の基盤をつくろう
10.人や国の不平等をなくそう
11.住み続けられるまちづくりを
12.つくる責任 つかう責任
13.気候変動に具体的な対策を
14.海の豊かさを守ろう
15.陸の豊かさも守ろう
16.平和と公正をすべての人に
17.パートナーシップで目標を達成しよう

企業が世界や社会を考え、少数の人にも思いをはせ、
この地球を壊さないように取り組むかどうかが
ブランド価値にも影響するようになりました。

食料や資源を大切にしているか、
自社の商品・サービスをさまざまな人が利用できるか、
会社の姿勢が問われています。

高級ブランドを手掛ける企業も姿勢を変えています。

Fotbes「米ブランドの『廃棄処分』に抗議するTikTok動画が話題に」
https://forbesjapan.com/articles/detail/43795

そしてLGBTQ+は、性的マイノリティである次の人たちを指します。

レズビアン(女性の同性愛者)、ゲイ(男性の同性愛者)、
バイセクシャル(両性愛者)、
トランスジェンダー(身体の性と心の性が合わない人)
クエスチョニング(自分の性がわからない、定まっていない人)/クィア(性的少数者)
「+」(これら以外のさまざまな性の人)

LGBTの詳細は法務省のページをご覧ください。
https://www.moj.go.jp/JINKEN/LGBT/index.html

企業は、さまざまな方がいることを理解して
経営を行う必要があります。

10月27日にアメリカ国務省は男性・女性どちらにも該当しない性別“X”とするパスポートを発行
https://esta-center.com/news/detail/023300.html

無印良品は来春にも衣料品の半分を男女兼用にするそうです。

日本経済新聞「『無印』衣料、半分が男女兼用に 多様な消費者に配慮」
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC28BL70Y1A420C2000000/

大企業は大きな市場を求めますが、
中小企業は市場規模が小さくても事業は成立しますので、
少数者に向けた事業は中小企業の方がやりやすいとも言えます。

同性愛者向けの結婚相談所なども昔からあります。

こうした生きづらさを感じている方に配慮した職場づくりで
多様で能力の高い人材を社員に多く迎えることもできます。

社会の変化を経営者は認識していきましょう。

この記事が今年最後のブログ更新です。
今年もありがとうございました。良い年をお迎えくださいませ。

2021年をデザインで振り返る

おはようございます。中小企業診断士の山口達也です。
いよいよ年の瀬。2021年をデザインで振り返ります。
今年はGOOD DESIGN EXHIBITION 2021のレポートの最終回と兼ねてお伝えします。

GOODDESIGNSHOW202133.jpg

今年の横浜の始まりは新型コロナウイルス第三波、
2度目の緊急事態宣言に見舞われました。

ワクチンを接種した方も多いですが、
接種会場内の案内をするサインシステムも
グッドデザイン・ベスト100のひとつに選ばれました。

GOODDESIGNSHOW202134.jpg

千葉大学デザイン・リサーチ・インスティテュートの
コロナワクチン接種ウェイファインディングシステム」です。
http://covid19wayfinding.jp

数字や色による案内はわかりやすいです。

ひらがなや英語などがあると、
日本語が苦手な人にもさらにわかりやすかったかもしれません。

また、今年は東京オリンピック・パラリンピックで
多くの外国人が訪れるはずでした。

下は日本デザインセンターが制作した
日本への観光客向けのピクトグラム
EXPERIENCE JAPAN PICTOGRAMS」です。

GOODDESIGNSHOW202135.jpg
GOODDESIGNSHOW202136.jpg

ダウンロード後の使いやすさはいまひとつですが、
280個のピクトグラムは丁寧に作られていて
商用利用も含め無料配布はすごいです。
その点も含めて評価されたかもしれません。

また、半導体不足で台湾への注目も高まった年でした。

グッドデザイン・ベスト100でも台湾デザインが
少なくとも6つはあり、躍進が目立ちました。

TG Tableware Series
https://www.g-mark.org/award/describe/51648

GOODDESIGNSHOW202137.jpg

Book & Host Project for Migrants
https://www.g-mark.org/award/describe/52973

GOODDESIGNSHOW202138.jpg

Taitung Slow Food Festival
https://www.g-mark.org/award/describe/52911

AROMASE
https://www.g-mark.org/award/describe/51483

EMU3000
https://www.g-mark.org/award/describe/52345

The best sustainability-oriented organizational adaptation to climate change
https://www.g-mark.org/award/describe/52956

1608件が受賞した今年のグッドデザイン賞のうち台湾の受賞は85件です。
台湾のデザインには来年以降も注目したいです。

GOOD DESIGN EXHIBITION 2021とは別ですが、
2020年グッドデザイン大賞を受賞した
自律分散型水循環システム「WOTA BOX」に関連したのか
会場である東京ミッドタウンに
WOTAの「WOSH」がありました。

GOODDESIGNSHOW202139.jpg

水循環型手洗いスタンドで
UVによるスマホ除菌機能もあります。

GOODDESIGNSHOW202140.jpg
GOODDESIGNSHOW202141.jpg

光っている箇所にスマートフォンを横に置くと、
スマホが取り込まれて除菌してくれます。
私も手洗いしながら体験しました。

最後に、コロナで巣ごもりの状況が続きますから、
明るく、華やかなデザインが好まれる傾向は来年も続きそうに思います。

来週は2021年をブランドで振り返るです。

2021年度グッドデザイン・ロングライフデザイン賞

おはようございます。中小企業診断士の山口達也です。
今日は2021年度グッドデザイン・ロングライフデザイン賞を紹介します。

longlifedesign2021.jpg

GOOD DESIGN EXHIBITION 2021のレポートの続きは
来週の「2021年をデザインで振り返る」と兼ねてお伝えします。

GOOD DESIGN EXHIBITIONでは
展示されていませんでしたが、
グッドデザイン・ロングライフデザイン賞も
私は革新をもたらして新定番となった
デザインの再評価として注目しています。

10年以上継続的に提供されているデザインが対象です。

QRコード(デンソーウェーブ)
ザ・グリーンファン(バルミューダ)
焚火台(スノーピーク)
横浜港大さん橋国際客船ターミナル(横浜市)
放送大学(放送大学学園)
めいぼく椀(薗部産業)

など、今年は22件が受賞しました。

なくなってしまうと困るようなデザインばかりですね。
暮らしを豊かにしてきました。

それぞれの評価ポイントは下のリンクをご覧ください。
https://www.g-mark.org/activity/2021/longlife.html

2021年度のロングライフデザイン賞受賞展は
「ロングライフデザイン賞2021 もののまわり」として、
2021年12月23日から2022年1月19日まで
グッドデザイン丸の内で開催されるそうです。

今年も残り2週間。
来週、再来週は「2021年をデザインで振り返る」と
「2021年をブランドで振り返る」を書きます。

GOOD DESIGN EXHIBITION 2021(4)

おはようございます。中小企業診断士の山口達也です。
GOOD DESIGN EXHIBITION 2021のレポートの続きです。

GOOD DESIGN EXHIBITION 2021は
新型コロナウイルスの影響で入場は事前登録制で、
規模を縮小しているので来場者も少なめでした。

GOODDESIGNSHOW202123.jpg

今日は、もしものときに役立つデザインと
地球温暖化、脱プラに関するデザインをご紹介します。

まず、下の写真はなんだかわかりますか?

GOODDESIGNSHOW202124.jpg

これは株式会社ユニオンの「ラピッドレスキュー」という担架です。
壁に収納されているんです。
グッドフォーカス賞「防災・復興デザイン」も受賞しました。

GOODDESIGNSHOW202125.jpg

担架は大きくて収納に困るので、
倉庫などにあることが多いそうです。

いざという時に持ち出すのに時間がかかってしまう問題がありました。

このようなデザインで広く使われるようになると、
人命救助に貢献するのではないでしょうか。

次は心肺蘇生訓練キット「CPRトレーニングボトル」です。

GOODDESIGNSHOW202126.jpg

サントリー 天然水の空のペットボトルと
紙のシートを使ったCPR(心肺蘇生)訓練キットです。

胸を押すのに必要な力は、
空のペットボトルを押す力とほとんど同じなんだそうです。

GOODDESIGNSHOW202127.jpg

訓練用の人形は高価ですが、
このキットと動画があれば自宅でも家族で学べます。

動画は下のリンクからご覧ください。
https://youtu.be/8BS3VD0XCJQ

下の写真は、株式会社ドリームの
クッション型多機能寝袋「SONAENO」です。

GOODDESIGNSHOW202128.jpg

普段はクッションとして、災害時に寝袋になります。

防災のプロと共同開発し、
着替えスペースの確保にも役立つようにしています。

GOODDESIGNSHOW202129.jpg

寝顔を隠せる大きいフードや、
内側につけた貴重品ポケットによる盗難対策は
特に女性に喜ばれるでしょう。

ここからは平均気温が上昇して猛暑が増えた
日本に合うデザインです。

富士通のウェアラブルエアコン「コモドギア」です。
https://www.fujitsu-general.com/jp/products/neck-gear/index.html

GOODDESIGNSHOW202130.jpg

頸動脈を通る血液を冷却するそうです。
どれくらい涼しく感じるのか試してみたいですね。

もうひとつが脱プラスチックのデザイン、
貝印の「紙カミソリ」です。

GOODDESIGNSHOW202131.jpg
GOODDESIGNSHOW202132.jpg

ホルダを紙にしています。ヘッドと刃は金属です。
折り曲げて組み立てて使います。

剃り心地など使い勝手が私は不安ですが、
良い挑戦として評価されたと思います。

レポートは次回も続きます。

GOOD DESIGN EXHIBITION 2021(3)

おはようございます。中小企業診断士の山口達也です。
GOOD DESIGN EXHIBITION 2021のレポートの続きです。

GOODDESIGNSHOW202115.jpg

グッドデザイン・ベスト100から良いと思ったデザインをご紹介します。

川上産業株式会社の「スパスパ」です。

GOODDESIGNSHOW202116.jpg

手できれいに簡単に切れる緩衝材です。
グッドフォーカス賞「技術・伝承デザイン」中小企業庁長官賞も受賞しています。

通信販売が増える中で梱包作業が早くなるメリットは大きいですね。

下の写真は有限会社樽冨かまたの「ぬか櫃(ひつ)」です。」

GOODDESIGNSHOW202117.jpg

こちらもグッドフォーカス賞「技術・伝承デザイン」中小企業庁長官賞を受賞しています。

ぬか床を入れる杉桶が昔からありますが、
ぬか櫃は次のように進化しています。

・深さ12cmで夏は冷蔵庫にも入れやすい
・楕円できゅうりや茄子などの野菜を寝かせて漬けやすい
・拭き漆によって指で拭きやすく、抗菌作用でカビが生えにくい

丁寧なデザインとものづくりが評価されたのではないでしょうか。

次は高田松原津波復興祈念公園です。

GOODDESIGNSHOW202118.jpg

東日本大震災の国営追悼祈念施設です。

追悼・祈念施設から祈りの軸方向を眺めた景色は厳粛で美しいです。
グッドフォーカス賞「防災・復興デザイン」を受賞しています。

公園には岩手県東日本大震災津波伝承館や道の駅「高田松原」も含まれます。

次にご紹介するのはロッテの「ゆったりバニラ」です。

GOODDESIGNSHOW202119.jpg

老人ホームなど、配膳や食事に時間がかかる場所では
溶けてしまうアイスは敬遠されていたそうです。

溶けにくいアイスは喜ばれますね。

下の写真はエプソンの「測色機」です。

GOODDESIGNSHOW202120.jpg

コンパクトで高精度なんだそうです。
色合わせがしやすくなります。

本日の最後は、中国のKanDao Technologyの
ドローンに取り付けられる12Kカメラ
「kandao Obsidian Pro」です。

GOODDESIGNSHOW202121.jpg

フォーカス距離と絞りを電子制御で調整できる
初めての360度カメラだそうです。

展示では撮影した映像が流れていましたが、きれいでした。

GOODDESIGNSHOW202122.jpg

レポートは次回も続きます。

GOOD DESIGN EXHIBITION 2021(2)

おはようございます。中小企業診断士の山口達也です。
GOOD DESIGN EXHIBITION 2021のレポートの続きです。

GOODDESIGNSHOW202114.jpg

今日は子ども向けのデザインをご紹介します。

便利と思った商品が、
メテオAPAC株式会社の「スマートキッズベルト」です。
https://www.meteorapac.jp/carcare/smartkidsbelt/

GOODDESIGNSHOW202107.jpg

このスマートキッズベルトをシートベルトにつければ、
チャイルドシートと同じように
子どものシートベルトになります。

GOODDESIGNSHOW202108.jpg

ポーランドで作られた商品のようですが、
日本の警察でも認められていて使用できます。

チャイルドシートは場所をとりますし、
タクシーや人の車に乗る機会にあると便利です。

次は「NAVITIME for Baby」です。

GOODDESIGNSHOW202109.jpg

ナビタイムは移動ナビゲーションシステムですが、
この「NAVITIME for Baby」は
「ベビーカー」「抱っこひも」「一緒に歩く」
にあわせた最適なルートを提示します。

授乳室やおむつ替え場所の情報も提供してくれます。

また、電車で開くドアの方向を教えてくれます。
開かない方のドアにベビーカーを寄せやすいです。

これらを無料で提供していることに驚きました。
ナビタイムは、かゆい所に手が届くサービスとして進化していますね。

次はグッドデザイン金賞を受賞した「POCKIT GO」です。

GOODDESIGNSHOW202112.jpg

中国企業の商品で日本では販売されていないようです。

重さ7kgで「370mm×345mm×180mm」のサイズに
折りたためる超小型のベビーカーです。

GOODDESIGNSHOW202113.jpg

新幹線や航空機の利用時にはとても便利ですね。
マグネシウムを使い強度にも気を配っています。

今日、最後にご紹介する商品は子ども以外の方にも喜ばれる商品です。

大栗紙工株式会社の「まほらノート」です。

GOODDESIGNSHOW202110.jpg

光の反射を抑え、罫線を識別しやすくし、
シンプルなデザインにしたノートです。

発達障害のある方の
「紙からの反射が眩しくて文字が書きにくい」
「罫線以外の情報が気になって集中できない」などの
声を聞いて商品開発しています。

GOODDESIGNSHOW202111.jpg

企画の初期段階から発達障害当事者を巻き込んだ
インクルーシブデザインを実践した点も評価されています。

こうしたデザインを見ると幸せな気持ちになります。

良いデザインは、キッズデザイン賞とグッドデザイン賞の両方できちんと評価されてほしいです。
レポートは次回以降も続きます。

GOOD DESIGN EXHIBITION 2021(1)

おはようございます。中小企業診断士の山口達也です。
GOOD DESIGN EXHIBITION 2021へ行ってきました。

GOODDESIGNSHOW202101.jpg

東京ミッドタウンデザインハブにて開催されています。

2021年度グッドデザイン賞は、
過去最多となった5,835件の審査対象の中から
1,608件が受賞しました。

その中でさらに「グッドデザイン・ベスト100」に
選ばれたデザインが展示されています。

入場無料ですが今年度は事前登録が必要です。
目に留まったデザインをこれから数週にかけてご紹介します。

2021年度の「グッドデザイン大賞」は
株式会社オリィ研究所の「遠隔勤務来店が可能な『分身ロボットカフェDAWN ver.β』と分身ロボットOriHime」になりました。
https://www.g-mark.org/award/describe/52931

GOODDESIGNSHOW202102.jpg

「分身ロボットカフェDAWN(ドーン)」は、
ALSなどの難病や重度障害で外出困難な人々が、
分身ロボット「オリヒメ」「オリヒメ-D」を
遠隔操作しサービススタッフとして働く実験カフェです。
日本橋にあるそうです。

オリヒメはカメラとマイクとスピーカーを内蔵し、
ネットを使って遠隔操作、ジェスチャーや会話ができる
全長約20cmの分身ロボットです。

オリヒメディーは接客やものを運ぶなど、
移動も可能な全長約120cmの分身ロボットです。

「分身ロボットカフェDAWN ver.β」は、
「動けないが働きたい」外出困難者たちが
社会参加しやすくなることを目指しています。

カフェにいずれ伺いたいですが、今日は
JDNのインタビュー記事をご紹介します。
https://www.japandesign.ne.jp/interview/orylabo-dawn-1/

単にロボットを使っているだけでなく、
店の運営や仕組みづくり、人づくりまでも見事だと思いました。

日本から世界へ、未来が明るいことを示しているデザインです。
大賞にふさわしいですね。

次にご紹介するのは、グッドデザイン金賞に選ばれた
株式会社ミヤゲンの「easy脱着ガウン」です。

GOODDESIGNSHOW202103.jpg

新型コロナウイルス感染拡大によって、
防護服が不足し、使いまわすことが起きました。

防護服の上からも簡単に着脱できるガウンで、
背面で結ぶタイプの従来のガウンと異なり、
被るだけ着られ、背中のミシン目で脱ぎやすくもなっています。

GOODDESIGNSHOW202104.jpg

次もグッドデザイン金賞となった
スズキの「KUPO」(クーポ)です。

GOODDESIGNSHOW202105.jpg

電動車いすですが「乗車モード」だけでなく、
「歩行モード」があり、手押し車のように使えます。

電動車いすは便利ですが、ユーザの
「自らの足で歩きたい、いつまでも健康でいたい、
寝たきりの状態は何よりも怖い」という声を受け止め、
歩くことを支援しながら、歩き疲れたら電動車いすになる
よいデザインと思います。

GOODDESIGNSHOW202106.jpg

ワンタッチで簡単に切り替えられるそうです。
発売はこれからのようです。動くところを見てみたいですね。

ご紹介は次回以降にも続きます。

日本企業におけるデザイン経営の取組み状況2020年度

おはようございます。中小企業診断士の山口達也です。
今日のテーマは日本デザイン振興会が昨年度実施した
企業経営へのデザイン活用度調査の結果についてです。

日本デザイン振興会「企業経営へのデザイン活用度調査結果発表」
https://www.jidp.or.jp/2020/11/25/DesignManagementReport

日本デザイン振興会プレスリリース2020年11月25日
企業経営へのデザイン活用度調査結果発表
https://www.jidp.or.jp/media/d6d36c03-efd7-42fc-a501-f70d4d783082

下の見出しが躍っています。

jdp_designmanagement2020.jpg
「デザイン経営」に積極的な企業ほど高い売上成長を実現し、
従業員からも顧客からも愛される可能性を示唆

調査結果トピックスサマリー
相関関係として、デザイン経営に積極的な企業ほど
●売上成長率は高い傾向にある。特にエンドユーザー向け企業、デジタルに積極的な企業は顕著
●デザインへの投資は増加し、将来的な効果への期待が高い傾向にある
●従業員からも顧客からも愛される傾向にある

調査結果報告は下のURLから読めます。
https://www.jidp.or.jp/media/f10d6c71-6e09-40e1-ba47-2573fbe657d3

調査結果の概要は上の見出しの通りですが、
調査結果を読み解くうえで留意したいことをいくつかコメントします。

まず調査対象は、
グッドデザイン賞に応募したことのある企業に限られています。

デザインにある程度注力している企業ですので、
・デザイン経営に対して前向きなコメントがでやすい
・グッドデザイン賞に応募できるほど、
デザインが具現化した(ひとつの成果となった)
成功体験があることは念頭に置いて読んだ方が良いです。

次に、相関関係を示しており、
因果関係を示しているわけではないことです。

デザイン経営の取り組み度合いと
売上成長には相関性が見られますが、
デザイン経営に積極的に取り組むと
売上成長しやすいとは必ずしも言えません。

売上成長している企業ほど、デザイン経営に
積極的に取り組む傾向にあるのかもしれませんし、
組織文化が好ましい企業ほど、
売上成長とデザイン経営への取り組みを
積極化させているかもしれません。

きちんと調査報告を読めば、
上のようなことが読み取れますが
見出しだけで判断すると誤解する人も出てきそうです。
(老後2000万円問題も同様です)

ただ、私は調査報告を否定するつもりはありません。

むしろ、デザインの成果を証明することが簡単ではない中で
意欲的にこのような調査に取り組んでくださったことに
感謝しています。貴重なデータです。

私はデザインに注力して業績を上げる中小企業を
たくさん知っていますので、
見出しの内容も納得もできますが、中小企業診断士として、
情報を正確に読んでほしいと思いコメントしました。

12月18日に追加公表された
個別の設問別の結果も役立つ情報が詰まっています。
https://www.jidp.or.jp/media/a1a62fe8-ef18-4eea-8f69-2d702a7db698

グッドデザイン賞応募経験企業が対象の調査ですが、
以下のようなデータが目に留まりました。

「デザイン系職種」人材がいない企業が32.1%。

「組織もチームもないが、
プロジェクトごとに外部のデザイナーや
デザイン会社と連携している/したことがある」が33.6%。

デザインを専門とする組織や
外部のデザイナー等が担っている役割として、
「個別事業/製品/サービスのビジネスモデル全体の設計」が11.1%、
「全社的な経営計画・経営戦略策定」が10.6%。

デザイン系職種に対して経営や事業開発を理解して
もらうための取組や教育・研修を
「積極的に推進」5.1%、「推進している」14.0%、「検討中」15.0%。

「デザインへの投資」は過去と比べて
「増加している」22.6%、「やや増加している」35.6%。

これまで「デザイン系職種」として現場業務に従事
していた人材が、経営陣に参画した例は
「ある」15.0%、「ない」72.0%。

デザイン経営推進上の課題は
「費用対効果の説明が困難」45.8%、
「新商品・サービスデザインをリードできるデザイナーの不足」43.8%

デザイナーが経営全般に関わっている企業は
かなり少なく、社内にデザイナーはおらず、
社外デザイナーと連携する企業も多いことが伺えます。

中小企業は外部のデザイナーと連携するところから
始めるのがやはりよいでしょう。

canva(キャンバ)でデザインするメリット

おはようございます。中小企業診断士の山口達也です。
今日はcanva(キャンバ)のご紹介です。
canvaはオンラインのデザイン作成webサイトです。

canva001_2.png

特にInstagramやYouTubeなどの画像やバナーの
デザイン作成で便利です。
上の画像もcanvaで作成しました。

デザイン作成ソフトと言えばAdobeのIllustratorが有名です。

ただ、Illustratorは毎月2,728円の料金で
年払いでも29,000円くらいかかります。

デザイナーではない人にとっては高く感じる方が多いです。
canvaは無料で使えます。

canva002.jpg

canvaがIllustratorより優れているのは価格だけではありません。
以下の点が特長です。

1.テンプレートが豊富でデザインがやりやすい

28,000種類の日本語対応テンプレートがあり、
縦書きも可能になってきました。

テンプレートを改変しながらデザイン制作していきます。
作成したデザインは原則として商用利用可能です。

2.操作が簡単でデザイン初心者に向く

Illustratorはプロ向けで多機能であるため、
初心者には操作が難しいです。

canvaは機能が絞られますが、直感的に操作しやすいです。

3.スマホアプリでもデザイン作成できる

パソコンのブラウザだけでなく、タブレットや
スマホでもアプリでデザイン制作できますので、
スマホで撮影してアプリで画像やバナーを作成して
SNSにアップすることがパソコンなしで簡単にできます。

canva003.jpg

4.フォントや素材が豊富

日本語フォントは309種類あり、
素材も1億点以上もあります。

フォントや素材集を別途買わなくても、
canvaにあるものでかなりのものが作れます。

ゼロからデザインを作る人や、
デザインにこだわりがある人は
Illustratorをお勧めしますが、
そうでなければcanvaはお勧めです。

canvaは2012年にオーストラリアのシドニーで創業しました。

日本では2017年からサービスが始まり、
世界190ヶ国で月間6000万人の利用者がいます。

canvaは無料で使えますが、
「canva pro」という有料会員もあります。

月1,500円もしくは年12,000円支払うと
次のメリットがあります。

・使えるテンプレートや素材が増える
・デザインのサイズを変える「マジックリサイズ」機能
・画像の背景を消す「背景リムーバ」機能
・保存できるデータ量が増える

無料でも十分使えますので、
物足りなくなったら「canva pro」に入会すればよいでしょう。

私はSNSの画像で主に利用していますが、
チラシや名刺など紙に印刷するデザインでも使えます。

canvaでデザインデータ作成して、PDFデータで出力し、
ラクスルやグラフィックなどの
ネット印刷会社へ入稿して印刷する人も増えているようです。

自分で何かをデザインする機会があったら一度
canvaを訪れてみてはいかがでしょうか。

デザイングッズショップKONCENT Komagata

おはようございます。中小企業診断士の山口達也です。
東京都台東区駒形にある「KONCENT Komagata」に行きました。

Koncent_komagata01.jpg

KONCENT Komagataは「DESIGN PRODUCT SHOP」として
デザイン性の高い生活用品や雑貨を販売しています。
アッシュコンセプトが運営しています。

昨年7月に蔵前の本店が駒形へ移転しました。
お客様が多くにぎわっていました。

Koncent_komagata02.jpg

グッズを見ていると店員さんがいろいろ教えてくださり、
接客も良かったです。

webショップも充実していますが、
実物を見て楽しい気分になったり、ギフトを考えたりする
お客様が多いと思います。

利便性を高めたデザインの商品もありますが、
クスっと笑えるようなデザインがいろいろ見られます。

真似はいけませんが、デザイナーが手掛ける商品を見て
商品開発の刺激にしてはいかがでしょうか。

中小企業経営者にとっては、デザインコンセプトはもちろん、
価格設定やターゲットを考えながら見ると良いです。

浅草の近くです。足を延ばして散策するのもよいでしょう。

MOA美術館(2)

おはようございます。中小企業診断士の山口達也です。
熱海のMOA美術館レポートの続きです。
常設のものをご紹介します。

MOA美術館は熱海の高台にあり、
急な坂をバスで登っていきます。

円形ホールの先には、
イギリスの彫刻家ヘンリー・ムアの「王と王妃」が
設置されているムアスクエアがあります。

moaart11.jpg

美術館本館の側からは撮影スポット、
instagramでシェアを呼びかける看板があります。
海がきれいに見ます。

moaart12.jpg
moaart13.jpg

このような個所が随所にあります。
シェアを呼びかけることは中小企業でも取り組みたいです。

展示では、ほぼ常設で国宝となっている
野々村仁清の「色絵藤花文茶壺」が
黒漆喰の壁で特別室で、
先端技術を用いたガラスのケースごしに見られます。

moaart15.jpg

ガラスの映り込みが少なく、
上からの照明もすごくこだわっていて、
作品が際立って美しく見えます。

杉本博司さんが設計に関わっているようです。

杉本博司さんの「海景」の展示もほぼ常設のようです。

moaart16.jpg

カフェやレストランが数件あり充実しています。

鎧塚俊彦さんがプロデュースしているカフェ
「La Pâtisserie du musée par Toshi Yoroizuka」
では、人間国宝になっている室瀬和美さんが
デザインしたカップ、プレートでケーキやコーヒーがいただけます。

moaart18.jpg

企画展に関連したグッズだけでなく、
人間国宝の方の作品もミュージアムショップで販売されています。

moaart17.jpg

能楽堂や日本庭園もありました。

moaart14.jpg
moaart19.jpg

全体的に、日本の伝統技術や芸術をもとに
モダンに昇華させた感じがしました。

リフレッシュ目的だけでなく、
センスを磨くために訪れる価値があります。
posted by ブランド経営コンサルタント at 09:20Comment(0)芸術・美術

MOA美術館(1)

おはようございます。中小企業診断士の山口達也です。
前から興味があった熱海のMOA美術館に行ってきました。

moaart01.jpg

2017年にリニューアルオープンしています。
日本の美術を中心に展示しています。
国宝3点、重要文化財も多数収蔵している美術館です。

長いエスカレーターを上ると円形ホールへ、
日本最大の投影された万華鏡作品がお出迎えします。

moaart02.jpg
moaart03.jpg

私が訪問した時は
「冨嶽三十六景と東海道五十三次」の企画展でした。

moaart04.jpg

葛飾北斎「冨嶽三十六景神奈川沖浪裏」や
「冨嶽三十六景凱風快晴」です。

moaart05.jpg
moaart06.jpg

下は同じ時期に活躍した歌川広重の東海道五十三次の
「神奈川 だいのけい」です。
「だいのけい」の漢字が難しくてひらがなで申し訳ありません。

moaart07.jpg

これらのおなじみの作品が展示され、
解説やクイズが出されていました。

冨嶽三十六景は36作品だと思っていたら、
全部で46作品あることもクイズで知りました。

東海道五十三次は日本橋と京都を入れて
55作品なんだそうです。

全作品を観て大満足でした。
力強い構図と鮮やかな色彩は素晴らしいです。

構図は現代のグラフィックデザインを考えるうえでも
参考になると思います。

浮世絵版画は美術品ですが、写真がなかった時代に
旅情を誘ったでしょう。

「冨嶽三十六景と東海道五十三次」の企画展は
現在終了していますが、
作品はMOA美術館のコレクションですから
また観られる機会があるはずです。

美術館の建物や風景、常設作品などはまた来週ご紹介します。
posted by ブランド経営コンサルタント at 08:57Comment(0)芸術・美術

スターバックスリザーブロースタリー東京にブランドとデザインの神髄を見た(2)

おはようございます。中小企業診断士の山口達也です。
スターバックスリザーブロースタリー東京の話の続きです。

リザーブロースタリー18.jpg

1階には大きなロースターがあり、
コーヒー豆やグッズの販売を行っています。

リザーブロースタリー19.jpg
リザーブロースタリー20.jpg

ミラノ発のベーカリー「プリンチ」もあり、
パンやフォカッチャピザが食べられます。

リザーブロースタリー21.jpg
リザーブロースタリー22.jpg
リザーブロースタリー23.jpg

ロースタリーは見せる工場として客を楽しませています。

リザーブロースタリー26.jpg

銅の大きなキャスク(貯蔵容器)を目の前に
バーに座ってコーヒーをいただきました。

リザーブロースタリー24.jpg

メインバーではコーヒー豆と抽出方法をバリスタを
相談しながら決めることもできるようです。

私は細かく注文する知識もないので、メニューから
「バレルエイジド コールドブリュー」
を選んで飲みました。

リザーブロースタリー25.jpg

四角い氷にコーヒーを入れて飲みます。

「ノブクリーク バーボンウイスキー バレルエイジド コーヒーグアテマラ」
とあり、グアテマラのコーヒー豆を
バーボンウイスキーのオーク樽に入れて熟成させています。
それを水出しで抽出したコーヒーです。

フルーティーな香りと甘みがあるアイスコーヒーで
いままで飲んだコーヒーとは
まったく違う味で衝撃を受けました。

こんな美味しいコーヒーがあったのかと衝撃を受けました。

ウイスキーとコーヒーが混ざったような味かなと
想像していましたが違っていました。

私の語彙では的確に説明しきれませんが、
ブランデーとコーヒーの良いところどりのような感じです。

甘いけれども上品な味で芳醇な香りがします。

さまざまなコーヒーを味わえると思います。

コーヒーの可能性を提示し、
美術やおもてなし、体験と合わせて
人を刺激するエンターテイメントに昇華させています。

お茶が茶の湯文化として楽しむような発展を連想しました。

店づくりに関わる人はぜひ行ってください。
学ぶこと、気づくことがきっとあるはずです。

自社のブランドやデザインはどうあるべきか、
コーヒーを飲みながら考えてみて欲しいです。

ここへの訪問を目的に海外から東京に
やってくる人もいると思います。
それくらいの東京の名所です。

スターバックスリザーブロースタリー東京にブランドとデザインの神髄を見た(1)

おはようございます。中小企業診断士の山口達也です。
横浜の緊急事態宣言もやっと明けました。
しかし、今日は横浜に台風が来ています。
できるだけ外出は控えるようにとの天の教示でしょうか。

今日は東京の中目黒にある
スターバックスリザーブロースタリー東京の話です。
先日行きました。驚き、感動しました。

リザーブロースタリー11.jpg

2019年2月28日に開店しました。
入場制限するほどの混雑を聞き、避けているうちに遅くなりました。

webサイトからまずお話しします。
https://www.starbucks.co.jp/reserve/roastery/

スターバックスリザーブロースタリー東京の
webサイトを見ると、冒頭に
尽きることのない、コーヒーに対する私たちの愛、情熱、願い、魔法を全て閉じ込めた特別な空間を作りたいとずっと夢見てきました。スターバックスリザーブロースタリー東京は、コーヒー豆から焙煎にいたるまであらゆる点でこだわりぬいた、のめりこむような体験を心から楽しむことのできる場所です。
と書かれ、次に
スターバックスリザーブロースタリー東京のデザイン
https://www.starbucks.co.jp/reserve/roastery/journey.html
へのリンクが掲げられています。

リンク先の情報は動画をはじめ充実しています。
デザインに関心がある方はぜひご覧ください。

店の理念、ストアコンセプトを掲げ、
デザインで体現しようとしています。

それで言葉だけでなく、本当に体現できています。
コーヒーの味、接客、デザイン、どれも素晴らしかったです。

思いを長すぎず、短すぎずの文章でまとめて冒頭で発信し、
デザインに落とし込んで表現することは、
簡単なことのようですが意外とできていない店は多いです。

店に関わる全員で真剣に思いをもって、
お客様に提供したいことを語り、それに恥じない
デザインやふるまいは見事でした。

店は大きく4つの階でできています。

リザーブロースタリー12.jpg

1階はスターバックスリザーブ。
コーヒーを飲めるバーやロースタリーがあります。

リザーブロースタリー13.jpg

2階はティバーナ。紅茶や緑茶のバーなどがあります。

リザーブロースタリー14.jpg

3階はアリビアーモ。コーヒーやお茶を使ったカクテルが楽しめます。

リザーブロースタリー15.jpg

4階はAMUインスピレーションラウンジ。
セッションなどの体験ができる多目的スペースです。

リザーブロースタリー16.jpg

目黒川沿いの素敵な場所でテラス席も人気です。

リザーブロースタリー17.jpg

店の中を歩いている中で、3人の店員さんに
笑顔で気さくに話しかけられました。

何かを売るためではないです。
店やコーヒーの案内、軽い雑談などをするだけです。

さまざまなお客様がいますから、
話しかけることは勇気がいります。

冷たく嫌われることもあるでしょうし、
おしゃべりに夢中になる方もいて、
離れられなくなってしまうこともあります。

セールスでもないのに話すのは、
人件費や生産性といった観点からは避けられる行為のように
思いますが、何のための店かを店員の皆さんが共有しているのでしょう。

お客様に楽しんでもらおうという思いが伝わりました。
テーマパークや旅館のようです。

コーヒーの味などの話はまた次回に。

横須賀おみやげアイデアコンテスト

おはようございます。中小企業診断士の山口達也です。
横須賀おみやげアイデアコンテストのご紹介です。
https://yokosuka-kanko.com/yokosuka-omiyage/

yokosukacontest.jpg

横須賀市観光協会が主催するコンテストです。
最大100万円の奨励金(賞金)がもらえます。

横須賀市外の中小企業も応募可能です。

横須賀市にふさわしいお土産やアイデアを募集しています。

既存商品のリニューアルや、
ネーミング、パッケージの変更による
リブランディングでも応募可能です。

これ、すごくチャンスだと思います。

既存商品があった場合、リニューアル
ネーミングの再検討、パッケージデザインの見直しなど
ブランド戦略を考えてみます。

そしてとりあえず、そのアイデアを応募しておけば
審査員であるバイヤーやインスタグラマーが審査して、
面白そうと思ったら奨励金が出るので、
それをGOサインに取り組めば、成功確率は上がると思います。

審査が通らなければアイデアを練り直せばよいですし、
リニューアルは先延ばしでもよいわけです。

お土産の製造をしている中小企業はコロナで厳しい環境ですが、
賞金を得ながら事業を前に進める良い機会になると思います。
締切は10月10日です。

認定経営革新等支援機関になりました

おはようございます。中小企業診断士の山口達也です。

私が経済産業大臣から経営革新等支援機関に認定されました。
中小企業等経営強化法第31条第1項に基づいた認定です。

中小企業庁「経営革新等支援機関」
https://www.chusho.meti.go.jp/keiei/kakushin/nintei/

近年は経済産業省が中小企業に補助金を多く出しています。

補助金の申請にあたって
経営革新等支援機関(認定支援機関)になると、
補助金申請を支援しやすくなりますので認定を申請しました。

今後もお客様の利便性向上に努めてまいります。
posted by ブランド経営コンサルタント at 08:51Comment(0)お知らせ

新型コロナウイルスワクチン接種を商機に

おはようございます。中小企業診断士の山口達也です。
横浜は9月に入って残暑もなく涼しい日々が続きます。

先日、私は新型コロナウイルスワクチンを接種しました。

客船ターミナルと商業施設がある
横浜市のハンマーヘッドは横浜市の大規模接種会場になっています。

ハンマーヘッドの店舗のいくつかでは、
接種者への優待キャンペーンを行っていました。

特にハーバーで有名な、ありあけは
ムーンガレットをひとつプレゼントしていました。

ariakeharbour_vaccine1.jpg

ひっそりとではなくチラシを配り、
プレゼント配布専用の窓口まで作っていました。
素晴らしいです。

ariakeharbour_vaccine2.jpg

株式会社ありあけ ニュースリリース 2021年6月4日
ありあけハーバースタジオ横浜ハンマーヘッド店
「横浜ハンマーヘッド 大規模接種会場」にて
接種対象者 9 万 2 千人全員に 『ムーンガレット』をプレゼント

https://ariake-corporate.jp/news/tenpo-information/2021/06/04/809/
弊社の理念「人の役に立つ」を通して、ワクチンの接種が推進され、
コロナ収束への 一助になることを願っています。

ありあけはそうおっしゃっています。

ビジネスとしては赤字でしょうが、その心意気に感動して、
応援したく買い物しました。

ariakeharbour_vaccine3.jpg

ありあけ以外のお店では、接種者限定で5~10%OFFの
キャンペーンを行っている店が多かったです。

misakidounuts_vaccine1.jpg

1階のラーメンフードホールのラーメンでは
トッピングひとつ無料でした。

ちょっとした割引ならできる中小企業も多いでしょう。

普段はできるだけ外出を控えている方もいます。

久しぶりに外出して、緊張するワクチン接種が終わって、
気持ちが落ち着いたところで
お得な買い物ができるのは消費者としてはうれしいです。

今後、ワクチン接種者やPCR検査陰性証明によって
自粛要請が緩和される行動緩和案の検討も進みそうです。

消費者の出かけたい、買い物したい、外食したい、
という気持ちを、どう取り込むか中小企業も考えたいです。

もちろん新型コロナウイルスワクチンについては、
さまざまな意見があり、接種に反対する考えも理解できます。

中小企業としては、どのように考えるべきか
悩ましいところもあります。

ただ、アレルギーやその他の病気などで接種できない方や
12歳未満の方など接種したくてもできない人もいます。

ワクチンには感染拡大を抑える効果があるようですから、
彼らのことを考えると、ワクチン接種者が増えることは、
社会全体、公衆衛生の観点では良いことと現時点で考えます。

接種するリスクをとったことを評価してよいと思います。

目次(0821~0840)

おはようございます。中小企業診断士の山口達也です。
今日は目次をお届けします。
気になる記事があったらクリックしてください。

2021年4月16日~2021年9月3日分
記事ナンバーとタイトル

840 目次(0821~0840)

839 PayPay有料化でも続けるべきか
838 商標出願ってどうやるの?
837 店舗のBGMを無料もしくは安くする方法

特許庁が公開したデザイン経営の冊子の紹介が832、836にあります。

836 中小企業のためのデザイン経営ハンドブック

ブランド戦略に取り組む中小企業の事例が825、830、831、835にあります。

835 ビーチサンダルに特化したげんべい

834 オリンピックのアンブッシュ・マーケティングはどこまで認められるか
833 ネーミング発想・商標出願かんたん教科書

832 デザインにぴんとこないビジネスパーソンのための“デザイン経営”ハンドブック

831 熱海銀座商店街の復活
830 こころや経営理念を大切にする鎌倉投信

829 Zoomバーチャル背景をビジネス用にデザインしよう
828 中小企業のブランド戦略とランチェスター戦略
827 襟が伸びないハンガー「ヒトフデ」
826 「行動観察」の基本

825 中小企業のブランド経営の見本、ロイヤルブルーティージャパン

一時支援金の事前確認では、事務局の登録遅延によりお客様にご迷惑をおかけしました。

824 一時支援金の登録確認機関に登録しました
823 一時支援金の登録確認機関にいまだ登録できません

822 健康効果を調べてアピールしよう
821 のらもじからロゴタイプの深さを知ろう

820 目次(0801~0820)
posted by ブランド経営コンサルタント at 06:00Comment(0)目次

PayPay有料化でも続けるべきか

おはようございます。中小企業診断士の山口達也です。
PayPayが2021年10月1日から
無料だった決済システム利用料を1.98%(税別)にすると発表しました。

「PayPay」加盟店における2021年10月以降の決済システム利用料について
https://about.paypay.ne.jp/pr/20210819/02/

paypayqrcode1.jpg

ただ、月額1,980円(税別)のPayPayマイストアライトプランに加入して、
月1回(月末締め 翌日/翌々営業日入金)の入金サイクル設定にすると
決済システム利用料が1.98%から1.60%(税別)に下がります。

1,980円を0.38%で割ると521,052円となります。

単純計算で1か月に消費税込みでPayPayの利用が
521,053円以上あればPayPayマイストアライトプランに
加入した方がお得になります。

2021年10月1日から1.60%にしたい場合には、
2021年9月19日までにPayPayマイストアライトプランの申し込み、
利用店舗の登録が必要です。

消費税が簡易課税や免税事業者である場合は
決済システム利用料を税込の2.178%と1.76%で考えます。

この場合でもPayPayマイストアライトプランの
損益分岐点は521,053円で変わりません。

さて、決済システム利用料を約2%支払って、
PayPay加盟を続けるべきか考えます。

経済的にいえば、PayPay加盟で2%分の決済システム利用料に
相当する利益が店にもたらされるかで考えればよいです。

私が見てきた小規模店舗では、
それなりの高さのハードルです。

有料化のタイミングで加盟契約を解約してよい店も多いです。
また加盟したくなれば、加盟できますので。

まれに発生する返金処理は慣れないと面倒ですし、
現金とPayPayを分けて売上集計する手間もあります。

PayPayを解約したい中小企業は下のリンクからどうぞ。
https://paypay.ne.jp/help-merchant/B0104/

お客様の利便性を考えて加盟を続けることもありです。

紙幣や硬貨にも新型コロナウイルスが
付着することがあるそうで
従業員やお客様の感染対策上、
キャッシュレスを続ける考えもあります。

PayPay側でも当面は加盟を続けるメリットも大きくしています。

PayPayマイストアライトプランの加入者は
最大6か月間、PayPay決済総額の3%を
振り込むキャンペーンがあります。

PayPayを利用する消費者側にも
2021年9月13日から2021年11月28日まで
20%を還元するキャンペーンを予定しています。
https://paypay.ne.jp/event/matsuri202109-return/

店としては実質的に最大1,000円引きに
してくれるので販売促進になります。

また、昨年執筆のブログ記事も参考にご検討ください。
2020年05月20日:キャッシュレス5%還元終了後のPayPay継続メリット・デメリット
https://brand-design.seesaa.net/article/475189194.html

商標出願ってどうやるの?

おはようございます。中小企業診断士の山口達也です。
特許庁が発行した「商標出願ってどうやるの?」をご紹介します。

shouhyousyutsugandou.jpg

https://www.jpo.go.jp/resources/report/sonota-info/document/panhu/shutugan_shien.pdf
https://www.meti.go.jp/press/2021/08/20210805002/20210805002.html

ブランド戦略において商標権の取得は重要です。
ネーミングやロゴマークの保護に欠かせません。

今回の冊子は、わかりやすさ、見やすさを重視していて
商標権を解説する一般的な冊子とは、
切り口や見せ方が違います。

商標権とは何か、といった解説を後ろにして、
商標を考えて出願する一連の手続きに沿って
つまづきやすい点を商標審査官がかみ砕いた言葉で解説しています。

商標出願されたけれども登録できないとして
拒絶理由通知が出されたもののうち多い理由を
取り上げていますので、学べば同じようなつまづきを減らせます。

類似商標の先行調査や、商標出願の願書の作成において
参考になるwebサイトも紹介しています。
どこを調べたらよいか、見るポイントがつかめます。

この冊子に加えて、特許庁や工業所有権情報・研修館の
webサイトなどで調べれば、
自力で商標出願するときの情報は揃います。

弁理士に依頼する場合でも、
商標出願を考える方は一読されることをお勧めします。
役立つ情報が得られます。

全部で32ページで読みやすいですし、
興味のある個所だけ読んでもよいでしょう。

下のサイトもおすすめです。
特許庁「初めてだったらここを読む~商標出願のいろは~」
https://www.jpo.go.jp/system/basic/trademark/index.html
posted by ブランド経営コンサルタント at 06:56Comment(0)知的財産権